仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 「無言館」を訪ねて 〜7/15に思う

「無言館」を訪ねて 〜7/15に思う

今月
学生時代の友の住む
長野に行ってきました。

つもる話に遅くまで花を咲かせた翌日は
以前から行きたかった「無言館」を一緒に訪ねました。



無言館 別所線


上田から別所線に乗り
塩田町という小さな駅で降りて
バスで10分ほど


町を見下ろす
静かな森の中に
「無言館」はありました。


無言館



「無言館」は 正式な名前を
「戦没画学生慰霊美術館 無言館」といいます。


この美術館には

第二次世界大戦で 帰らぬ人となった

若き画学生や美術教師 市井の画家や彫刻家 職人たちの作品と

恋人や家族に宛てた手紙や葉書が

展示されているのです。



無言館 さくらんぼ



出征の前夜

あるいは戦地で

あるいは死を待つ床で


彼らが描いた

愛するひとたち 

愛するふるさとの姿



無言館 作品1


蜂谷清 「祖母なつの像」



これは22歳で突然召集された俊才の蜂谷さんが

出征間際までかかって

可愛がってくれたおばあさん なつさんを描いた作品です



もうこんなふうに

ばあやんをかけないかもしれないから


おばあちゃん子だった蜂谷さんがそうというと

なつさんは 黙って涙をこぼしたそうです



ほかにも

家族や親兄弟 友人たちが

そのひとの形見として
あるいは
再び会える日のために

戦火の中を
守り抜いてきた作品が
たくさん展示されています。


キャンバスの中に描かれた

恋人
妻  
姉  
妹 

年老いた父や母  
兄弟
ふるさとの山河  



突然 召集令状を受けた
二十代三十代の青年画家たちが
どんな思いで
最後の絵を描いていったのか


想像するだけで
胸がつぶれる思いがしました。



今日まであたりまえだった

親や兄弟と
妻や恋人と
友や仲間とのくらし

すみなれたふるさとでの暮らしが
 
ある日突然
できなくなる

それが戦争というものなのだと


絵の中の人々の顔に
現れたいたみと悲しみが語っている気がしました。



画家の椅子 無言館



これは新館の前に置かれた「絵筆の椅子(ベンチ)」という作品です。


大きな背もたれの部分には

画壇で活躍している画家や 美術学校で学んでいる学生さんたちが提供した

90本の絵筆や刷毛が埋め込まれているそうです。



このセメントの椅子の裏には

こんなメッセージが刻まれています。



無言館 画家の椅子の言葉



画家は愛するものしか描けない

相手と戦い 相手を憎んでいたら 画家は絵を描けない

一枚の絵を守ることは「愛」と「平和」を守るということ




2005年

残念なことに 無言館の前に置かれている 画学生たちへの慰霊碑に

ペンキがかけられるという事件があったそうです。



わざわざ同じようにペンキで汚したこのオブジェからは

戦争によって若き日に家族と人生に幕を引かざるを得なかった画家たち

そして 大切な家族をなくした人々の 無念さと悲しみを忘れるなと

無言の声が響いてくるような気がしました。



無言館 作品2

原田 新「妹・千枝子の像」




絵を描くことが好きな人が 自由に絵が描ける世の中

恋人や妻  子や親 兄弟姉妹 そして友 


愛するものたちと あたりまえに 

笑って 食べて おこって 話して 一緒にいられる世の中


住み慣れた町で 山や川の姿に

木々の葉を揺らす風や 川の表にこぼれる日ざしや 美しい夕日に

ぼんやり見とれて 家路につく


そんなふつうのくらし

そんな暮らしを 私は守りたい 



2015年7月15日

ニュースをきいて 改めてその思いを強くしました。



無言館 あかないポスト


絵筆のベンチの隣りに

平和への願いを投函するポストがありました


みなさんは

どんな思いをつづりますか



関連記事
2015-07-15 : 音・旅・仲間 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New !!

*これからの予定

6/3(土)ホリスティック医学協会講演会『見えないものを診る力』

6/11(日)ホリスティックヘルス塾基礎講座

6/15(木)6月の奏でる会

6/24(土)サビアン・アートWS

6/25(日)OTAFUKU*お昼寝演奏会

7/5(水)ナースアウト2017泉会場

7/6(木)7月の奏でる会

7/9(日)石巻・田んぼdeクリスタルボウル

その他の演奏講座、トランスフォーメーションゲーム 個人セッションの日程は本文をご覧下さい。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード