仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 緑の中で宇宙の神秘の話をきいた

緑の中で宇宙の神秘の話をきいた

今年のゴールデンウイークは
例年にないほどのすばらしいお天気が続きましたね!!


どこへいっても
宝石のような新緑


海馬さん 森


いったい誰が
こんな完璧な光と色と形で
世界を埋めつくしているの?


こどものころのように
思わず空に向かって
何度も問いかけてしまいました。


ほんとに私たちは 
なんて贅沢に愛され与えられていることでしょう


目の中がライムグリーンに透けていきそうなぐらい
緑の中で過ごし 緑を眺めてきたゴールデンウイークでした。



海馬さん みなさん


秋保では
ガラス作家 村山さんの工房『海馬』を訪ね
お話を聞いたり
緑の中に置かれた美しいガラスの作品たちを眺めてきました。


海馬さん グラス


見せていただいた
サハラ砂漠やギリシャやイタリアの砂は
それぞれに色が違いました。

サハラ砂漠の砂は赤いんです。


海馬さん サハラの砂


そしてその砂から生まれるガラスは、深いモスグリーン・・・。

まるでモルダバイトのような深い緑色でした。


また仙台市のシンボル 広瀬川の砂から生まれるガラスは
スモーキークオーツのような深い大地の色

ピートモスが溶けたスコットランドの川の水のように
美しいすきとおった茶色でした。


それぞれの土地の砂や岩の色が違うことの神秘

窯の中で 溶けた石や砂が変成して いったいどんな物質になるかは
窯を開けてみるまでわからないという神秘 

まるでクリスタルボウルの製造工程のようだなと思いました。


赤いサハラの砂からできた
深いグリーンのガラスの中にキャンドルを入れると
ふつうの白いキャンドルが
夕張メロンのような
美しいオレンジ色に見えるんです。



海馬さん ランプ



新緑に囲まれた工房の
自然光だけが満ちる室内で
ともるオレンジのあかり


あたたかくて
おいしそうで
ずっとみていたくなる色でした。


サハラの赤い砂からできた緑のガラス・・・

小さな窯の中で
創世期の地球の
壮大な歴史の一こまが再現されてる!!


そして
そこから生まれた神秘の結晶たち


海馬さん 神秘


新緑の中で
こどものようにわくわく過ごした一日でした。



関連記事
2015-05-13 : What’s New : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New !!

*これからの予定

11/5(日)クリスタルボウル講座・上級(仙台)

11/12(日)おひさまの丘シュタイナー学校(仙台)

11/12(日)蕎麦処「初代伝五郎」演奏会(仙台)

11/23(木祝)ボーダレスアート・コンサート(仙台市)

11/24(金)トランスフォーメーションゲーム(仙台)残1

11/25(土)クリスタルボウル講座・上級(仙台)

その他、演奏講座(基礎及び中級)、トランスフォーメーションゲーム クリスタルボウル個人セッションは、水〜金及びイベントのない土曜日、ご予約可能です。

お気軽にお問い合わせください。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード