仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… こどもたちからの贈り物〜石巻・福地のひまわり

こどもたちからの贈り物〜石巻・福地のひまわり

震災後、裏庭に咲いたひまわりの話を聴くために
石巻市の福地に住む
佐藤ちよえさん(74歳)を訪ねました。


ひまわり1

ちよえさんのお宅は
二年前の東日本大震災の時
全校児童108人のうち74人が津波にのまれてなくなった
大川小学校から車で数分のところにあります。

ちよえさんの末のお孫さんで当時6年生だったみずほさん
そして同級生の加納愛香さんと弟の悠登くん(小3)
5年生の紫桃千聖(ちさと)さん
3年生の今野誠くん
2年生の佐藤来旺(らいお)君

福地地区の仲良しの6人のこどもたちも
この時 津波にのまれて亡くなりました。


ちよえさんの家の裏手には大きな川が流れているのですが
津波の時は 海から逆流したヘドロや流木まじりの濁流が押し寄せ
何もかも泥と海水をかぶって草も木も土手も真っ黒になったそうです。

みずほちゃんが亡くなってから
ちよえさんもお父さんもお母さんも
毎日みずほちゃんを思っては泣いていたそうです。


ひまわり5


震災から3ヶ月たった7月のある朝のこと
ちよえさんが裏の畑のごみ焼き場のところにかがむと
ちょうど目の高さに黄色いものが目に飛び込んできました。

そこには太陽のように黄色いひまわりが
一斉に花開いていました。
その明るい黄色の花はまるでこどもたちの笑顔のようでした。

不思議なことにそのひまわりたちは
流木やヘドロに覆われた土手の斜面からはえ
それぞれが違う形の花をつけていました。

はなびらの長いもの 丸いもの 
数えると花は六種類あって
見れば見るほどそれぞれが六人の子どもたちを思わせました。


ひまわり3


「ばあちゃん 毎日泣いてばっかりいるから
 みんなで花になって帰って元気つけてやるべ」


ちよえさんは
最年長のみずほさんが
みんなと相談して
泣いてばかりいる自分を
なぐさめに来てくれたと思ったそうです。


「みずほは ばあちゃん大好きなばあちゃん子でした。
 毎朝ばあちゃんを手伝って一緒に花に水やりをしていたので
 ばあちゃんが行くところをよく知っていて
 ばあちゃんに見えるところに咲いたんだねって話してます。」

みずほちゃんのおかあさんの桂さんはそう言っていました。


ちよえさんがそれぞれの家に六種類のひまわりの花を届けると
他の家でも これは誰々だ これはうちの孫だと
それまであんまりつらくて言葉にできなかった子どもたちの話が
一気にあふれたそうです。

ちよえさんは6種類の種を取り
愛香さんと遙登くんのおじいちゃんである加納さんに協力してもらい
苗をそれぞれの家庭に配りました。

「最初の年は種もまかないのに咲いたのに
 次の年からは、種をまかなければ生えないんです。
 毎年世話してね 世話しながら私らのこと思い出してねって言ってるみだいでね。」


ひまわり4

ちよえさんが撮ったひまわりの写真とひまわりの種

私はひまわりの写真を見て
これはきっとみずほちゃんたちが
泣き暮れているおばあちゃんたちを元気づけるために
ひまわりに姿を変えて現れたのだと思いました。

目には見えないけれど
なくなったひとたちは実はそばにいて
生きている私たちのことを気にかけ
応援してくれているのではないでしょうか。

そして時々
私たちにわかるように
サインを送って
元気を出してねと
励ましてくれているのではないでしょうか。


ひまわり8


みずほさんはあの年の春休み
生まれて初めて友だちとディズニーランドに行く予定だったそうです。

「どこにも連れて行ってやれなかったみずほのかわりに
よかったらこの種を縁のあるところに連れて行ってください。」

そんな言葉と一緒に
おばあちゃんとおかあさんからひまわりの種を少し
いただいてきました。


ひまわり7


仙台とこれからの演奏先に
ぜひお届けしたいと思います。



大川小学校の問題はまだまだ解決の見えない大変な状況です。
亡くなられた子どもさんたち 先生方のご冥福をお祈りするとともに
ご遺族の皆様の心が休まる日が一日も早く訪れますよう 心から願います。


関連記事
2013-05-30 : 出逢い : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New !!

*これからの予定

4/9(日)中級講座(仙台・締切済)

4/16(日)奏でてみようワークショップ♪(仙台)

4/15(土)夜桜演奏会(多賀城)

4/29(土)ホリスティックヘルス塾(仙台)

4/30(日)暮れゆく春の演奏会(仙台)

5/5(金)修了者練習会(仙台)

5/6-7(土日)GW集中クリスタルボウル講座(仙台)

5/25(木)新月の響き(仙台)

その他の演奏講座、トランスフォーメーションゲーム 個人セッションの日程は本文をご覧下さい。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード