仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 宗谷岬

宗谷岬

「宗谷岬」という歌があります。

http://www.youtube.com/watch?v=UPPzSpUwfk8


私はこのごろ
時々この歌を口ずさんでいます。


先月
長く入院していたお父さんが亡くなったと友人から知らせがあり
何ができるわけではないけれど
彼女のそばにいきたくなって家を訪ねました。

青葉神社夕日のしだれ桜


まだまだ哀しみの中にある友人でしたが
ぽつりぽつりとお父さんの話をしてくれました。

お父さんは享年92歳
老衰に加えて併発した肺炎のため
吸引や酸素吸入などで苦しいはずなのに

看護師さんやお医者さんには
そのつど ありがとう
上手になったねと
感謝の言葉をかけ

時には
いい人相をしているよ
もうじきいい彼が見つかるよと笑わせ
病棟の人気者だったのだそうです。

家族に対しても
みんなの体調を気づかって
大丈夫だからもうお帰りと言う
優しい方だったそうです。

お父さんの体力が目に見えて落ちてからの数ヶ月
友人は仕事をやりくりしてお母さんと交代で付き添っていたそうですが

ある頃から
お父さんの病室に入ると
仕事の疲れやいろいろな心配事がすうっと消えて
ただ温かい気持ちに満たされるようになったといいます。


お父さんは吸引や咳こみの疲れから
最後は寝ていることが多かったそうですが

お父さんの病室に入るだけで
友人は不思議に心が静まっていったそうです。

自分がおかしいのかなと思って
時々交代に来てくれたご主人やお母さんにきいたら
みんなも同じことを感じていたと言ったそうです。



周りの人には
看病大変ねといわれたけれど
実は逆だったのよ

父のそばにいると
何だか父の愛情に包まれているみたいだったの。

彼女は昨年
父の看病をしていた私が
昏睡状態の父から愛情が流れ込んでくるような感じがしたと
話したことを覚えていてくれて
同じような気持ちを味わったと言ってくれました。


人はからだを越えた存在なんだということを
私たちは実はいろいろなところで感じているのかもしれません。


彼女が病院に寝泊まりするようになって一ヶ月ほどたったある日
お父さんは珍しく目を覚ましていて
彼女に「宗谷岬」を歌っておくれと言ったのだそうです。

彼女はお父さんがいつでも口ずさめるように
お父さんの好きな歌をたくさん紙に書いて病室の壁に貼っていました。

でもお父さんの体力が落ちてからは
彼女が歌ってあげることが多くなっていたのだそうです。


  流氷とけて 春風吹いて
  
  ハマナス咲いて カモメも啼いて
  
  遙か沖ゆく 外国船の
  
  煙もうれし 宗谷の岬
  
  流氷とけて 春風吹いて
  
  ハマナス揺れる 宗谷の岬


はまなす


    幸せ求め 最果ての地に
    
    それぞれ人は 明日を祈る
  
    波もピリカの 子守のように
  
    思いで残る 宗谷の岬
  
    流氷とけて 春風吹いて
  
    ハマナス揺れる 宗谷の岬



彼女が歌うのを
お父さんは黙ってきいていて
歌い終わると微笑みながら「ありがとう」と言ったそうです。


お父さんが息を引き取ったのは
その夜
彼女が一ヶ月ぶりに
実家に下着の替えなどをとりに戻っていた間でした。


「最期までそんな いいカッコしなくてもいいのにね」
彼女は涙ぐみながら笑っていました。


お父さんは
それは安らかな
眠るような笑顔だったそうです。


関連記事
2010-04-21 : 音・旅・仲間 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ふんこさん、
私も友だちのお父さんみたいに、周りの人に感謝と笑いを送って旅立てたらいいなって思いました...^^
2010-04-29 07:20 : sonoko URL : 編集
ありがとうございます
園子さ~ん!
この記事読んだら、涙があふれました~。
なんてあたたかいお父さんの愛情・・・
長い人生の歴史の一幕を閉じる時、
理想ですね・・・。
2010-04-28 16:02 : ふんこ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New !!

*これからの予定

7/5(水)ナースアウト2017泉会場

7/8(土)石巻・多文化フェスタ

7/9(日)石巻・フィンドホーンのダンスとクリスタルボウル

7/13(木)7月の奏でる会

7/15(土)石巻・いのちの田んぼでクリスタルボウル田の草取り

7/23(日)ホリスティックヘルス塾・基礎講座

その他の演奏講座、トランスフォーメーションゲーム 個人セッションの日程は本文をご覧下さい。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード