仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 2012年12月

2012年 ありがとうございました

早いもので2012年も残すところあとわずかとなりました。


大晦日1


ブログを読んでくださっているみなさん
CDを聴いてくださっているみなさん
そして演奏会におでかけくださったみなさん

今年も様々な形で応援していただき
ありがとうございました。

年末は 久しぶりに体調を崩し
看護婦さんと点滴のお世話になって
ペース配分を考えなくちゃと反省しています^^;
自分自身のいたわり方はまだまだ勉強中です。


振返ると
6月の末に母が亡くなってから
走り続けたような2012年後半でした。


でも その珍しいほど動きまわった日々
亡くなったばかりの母と 三年前に一足先に他界した父が
ずっと見守ってくれている気がしました。


芍薬 浄土


今年もたくさんのすてきな場所に
演奏会やセミナーで伺わせていただきました。

演奏を聴きに来て下さったみなさん
企画して下さったみなさんに心より御礼申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。
ひとつひとつの演奏会が 忘れられない宝物です。


芍薬父さん母さん


今年は私にとってはじめてのできごともありました。

制作に関わった国際ヒーリング看護協会さんの被災地支援CD『ありがとうヒーリング』
私自身の初クリスタルボウルCD『祈り』のリリース
そして9月の天河神社「復興音楽祭」での奉納演奏
記念CD『こころ』への参加です。


祈り画像 2


それぞれのCDが出来上がるまでのプロセスも
奇跡のようなできごとの連続でしたが
完成したCDたちのその後も
びっくりすることの連続でした。

お目にかかったことのないみなさんや
心のうちなど話したことのなかったご近所の方から
感想や追加の御注文をいただくようになりました。


いただいた感想から
やむを得ず福島から県外へ避難し
慣れない環境の中で 被曝の不安と故郷福島への思いを抱え暮らしている方々の想い
線量の高い福島や近県の地域で不安を抱えながら生活されている方々の想い
家や店舗、家族や家財を失い、何もなくなったところから何とか今生きているという沿岸部の方々の想い
震災をはじめ、続く天災人災や政治経済の行き詰まりに心身の調子を崩されている方々の想いを知りました。


演奏会やCDを通して
クリスタルボウルの響きが少しでもどなたかのお役に立ったなら
こんなに幸せなことはありません。


私にとっても2012年は
クリスタルボウルが運んできてくれる出逢いから
日本という国の今を考えさせられ
自分は何ができるかな
何をしたいのだろうと自分と向き合いながら過ごした年でした。


もうすぐ新しい年2013年がやってきます。

みなさまお一人お一人にとって
希望と幸せの一年になりますように
心からお祈りいたします。


大晦日5


そしてどうぞ
来年もよろしくお願いいたします。

2012-12-31 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山元町「カフェ地球村」&「りんごラジオ」さんを訪ねて

2012年最後の出前演奏は
宮城県の南端、山元町に伺いました。

めざすは「工房地球村」の敷地に今年11月にオープンしたばかりの
「カフェ地球村」です。


地球村レッツゴー


この日はちょうど12/25のクリスマス
鈴を振って?Let's go!


地球村1


カフェの入り口にはこんなかわいい看板が!


地球村店内


先月オープンしたばかりということで
店内にはお祝いのお花がいっぱいでした。


地球村グッズ


店内には大人気のホームメイドクッキーや
地元名産のりんごをつかったアップルパイ
同じく名産のいちごモチーフのてぬぐいやエコタワシなど
おいしそうでかわいい商品が並んでいます。


地球村2


珈琲は本格焙煎ネルドリップ。
ジェントルマンのスタッフのみなさんが
ちょっとはにかみながらサービスしてくれます。
お二人ともとってもおちゃめで気配り上手。


地球村カフェ


演奏会は
おかげさまでカフェがいっぱいになるお客様で
みなさんが歌と演奏を楽しんでくださいました。

ちょっと時間差でしたが
役場の方や
近くの特別支援学校の先生方も来てくださいました^^
ありがとうございます!


ところで
奥の窓からのぞいていたサンタさん
気づかれましたか


地球村おじぞうさま


サンタさんのお洋服を来ていますが
実は胸に一人の赤ちゃんを抱き
足下にすがってくる2人の子どもたちを
救い上げてくださっているお地蔵様なんだそうです。


工房が施設を建てる用地を探していた時
ここにあった高齢者施設のみなさんが
海岸の方に移転するというので
この場所を譲ってくださったそうです。


しかし昨年3月11日の東日本大震災で
海沿いのお年寄りの施設は壊滅し
多くの方がいのちを落としてしまわれたそうです。


お年寄りの施設があった時からこの土地に建っていたお地蔵様は
この場所を譲って下さったお年寄りのみなさんの姿です。
ご冥福を祈り感謝の気持ちで
この場所を山元町の人々が集う場所にしていきたいです。

そんな施設長の田口さんのお話をきいて

この陽当たりのいいカフェは
きっとそんなつどいの場になる
そう思った私でした。


そして
帰りに嬉しい贈り物をいただきました・・・!


地球村似顔絵

私の似顔絵!

スタッフでアーティストの三春さんが描いてくれました。
嬉しかったです。


地球村記念写真

記念写真^^
三春さん ありがとうございます!


このあと工房の方にも移動して
ホールでもクリスマス演奏会


その後は
昨年の震災時に地元の方が立ち上げ
現在もなお24時間町民に地元の情報や音楽を発信し続けている
FM「りんごラジオ」さんのスタジオにおじゃましました。


リンゴラジオ


かわいい看板が目印
クリスタルボウルのお話をし
リクエストをいただいてちょっと演奏させていただきました。

電波を通してのクリスタルボウルの響きは
いかがだったでしょう^^


地球村ーリンゴラジオ


放送を終えて
スタッフのみなさん 
そして リンゴラジオさんに連れていってくださった
山元民話の会のまりちゃん先生とパチリ。



県南沿岸部の岩沼、名取、亘理町、山元町。
東部道路と6号線の東側(海側)は、まだ津波の爪痕がそのままです。

がれきや車等は片付けられたものの
何もなくなってしまった土地には赤茶色の草がはえ
海の方向に視線を移すと
目を遮るもののない荒野の向こうに
潮焼けした数本の松が立っているのだけが見えます。

幹線道路の近くは
あちらこちらに土盛りがされ
大型トラックがひっきりなしに往復し
(除塩のための盛り土と聞きました)ていますが
まだ鉄道も復旧せず
すべてはこれからです。

名産のいちごやりんご
はらこめしやほっきめしなど
山の幸海の幸で知られてきた山元町。

そんな町に生まれた新しい希望のようなカフェを
今年の最後にお訪ねできて幸せでした。

みなさん
お近くいおいでの際は
ぜひ立ち寄ってみて下さいね^^

このレポート もっと早く書く予定が
昨日まで三日ばかり
久しぶりに体調不良でダウンしていた私です^^;

今年のうちに
復活できてよかった・・・。

今年は寒いです・・・
みなさんもおからだ大切になさってくださいね〜^ー^

2012-12-30 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

フィンドホーンのつどい

12/23は午後から「フィンドホーンのつどい」でした。

鳴子から戻った足で会場へ
もともとタイトなスケジュールに
大渋滞が合わさって
かなり焦って到着

でも
一緒に主催してくれている美樹ちゃんや
集まってくれたみなさん
そしてきっと
フィンドホーンのスピリットが支えてくれていたのでしょうね

始まったら
心がどんどん落ち着いて
ただ 共感と愛と感謝でいっぱいになっていきました。


12月のフィンドホーンのつどい


たくさん歌って踊りました。


冬至からもう新しいサイクルが始まりましたが
自分の中にまだ残っていたいろいろな痛み
新たに浮上してきた感情もありました。


そんな思いや感情も
あの場のぬくもりと支えの中で 
じいっと見つめ 味わったら
いつのまにかすーっと軽くなりました。


「新しい天と地のビジョンを保ちなさい。」
「世界中いたるところに光の大都市が出現し、
 そこでは平和と愛が最も大切とされるビジョンを保持し続けなさい。
 けっしてそのビジョンを失ってはなりません。」
「ビジョンがはっきりしていればいるほどそれはより早く実現するでしょう。」

(12月23日の言葉/アイリーン・キャディ『心の扉を開く』より)


今年最後のつどいも
いい時間でした。

ありがとう
みなさん

また来年
お会いしましょう^^
2012-12-26 : フィンドホーンのつどい : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東鳴子温泉 「冬ヨガwithクリスタルボウル」

今年もお招きいただき
東鳴子温泉 旅館大沼さんに行ってまいりました。

大沼旅館−2

題して「冬ヨガ〜クリスタルボウルの音色とともに」
ヨガの西城麻耶先生とのコラボでした。

参加者の中には
昨年たまたま参加したらとても良かったので一年楽しみにして来ましたと
わざわざ神奈川から参加して下さったお客様もいらして感激でした。
       
鳴子は前日までの雪が積もり
夕方からは頭がキーンとするような冷え込みでしたが
会場の「母里乃館」は六代目のご主人が早くからあたためて下さってぽっかぽか

廊下の灯りだけともして
夜の静けさの中
横になってゆったりとクリスタルボウルの響きに浸っていただきました。

「響きに包まれて宇宙を漂いました」
「からだが軽くなって肩こりが消えていました」
「手足がぽかぽかになりました」
みなさんの感想が嬉しかったです。 

麻耶先生のヨガとのコラボ
今回もとても楽しかったです。
深い空間でした。

大沼旅館1
       

それにしても
夜と朝の二回のヨガ
酵素玄米のお膳
温泉三昧。

湯治のエッセンスが凝縮されたような企画です。

私は久しぶりに5時起きで朝ヨガ参加
ヨガの後にみんなで見た日の出が美しかったです。


大沼旅館−1


ご参加のみなさん 麻耶先生 soys企画さん 大沼旅館さん
一泊二日の旅友ありがとうございました^^
2012-12-25 : 参加企画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「冬至〜灯りと響きと大地の恵み」ご参加ありがとうございました^^

12/21『冬至〜響きと灯りと大地の恵み』
おかげさまで和やかに終了いたしました^^

冬至12−12ー5


冬至は自然界のエネルギーの節目の日ですが
今年の冬至はなんだか
次元まで変わるような感覚がありましたね。

そんな特別な日に
ディジュリドゥーとクリスタルボウルの響きのコラボに
お出かけいただきありがとうございました。


冬至12-12−4


石巻で頑張っているyukkiとの久しぶりのコラボ
農風土さんの味わい深い畳の間で
ディジュもクリスタルボウルも気持ちよく響き渡っていました。


松橋シェフ 柳沼シェフの冬至のオーガニックディナーは
野菜の味がくっきり力強くて
いのちをいただいている感じがしました。


初めて会った同士が
同じ音に浸り 同じものをいただき
わいわい語らいながら
一緒に特別な夜を過ごしている。

なんだかとても幸せな気持ちでした。


冬至12−12−1


何かが終わり 新しい何かが生まれた夜。


これからは
あんな気持ちのいい「小さな語り場」が
とっても大事なんじゃないかなと思っています。


またあんな演奏会 企画したいと思います。
楽しみにしていて下さいね!

冬至のつどい1


ご参加下さったみなさま
cafe遊庭のみなさま
yukki
ありがとうございました^^


2012-12-25 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お知らせ 12/23(日)フィンドホーンのつどい

12/23「フィンドホーンのつどい

〜感謝とともに新しい光を迎えよう」

 

 みんなでテーゼを歌い セイクレッドダンスを踊り
 自分とひとと 自然界のスピリットたちとのつながりを味わい
 感謝の中で新しい年を迎えましょう!


フィンドホーン秋分1


日 時  12/23(日)15:00〜17:00
     (開始時間が変更になりました)
会 場  太白区文化センター リハーサル室
参加費  2,000円
申込先  ブログフォーム または 090-2973-1790(遠藤)
2012-12-20 : フィンドホーンのつどい : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

12/22〜12/23東鳴子温泉「冬ヨガ〜クリスタルボウルの音色とともに」

12/22(土)〜23(日)
「冬ヨガ〜クリスタルボウルの音色とともに」
 
今年もヨガの西城麻耶さんとコラボさせていただきます!

旅館 大沼天女2

しなやかで深いところま響く西城麻耶さんのヨガ
クリスタルボウルの細やかな振動で全身を緩め
名湯 東鳴子温泉「旅館大沼」さんの温泉と自然食のお食事で
この一年頑張ってきたからだと心を
たっぷり癒してあげて下さいね〜^^

御宿泊コースには朝のヨガも含まれています。
詳細はこちら http://www.ohnuma.co.jp/koyomi/index.html#20121222
時 間 19:00〜20:00  
会 場 旅館大沼(東鳴子温泉)
申込先 0229-83-3052 (旅館大沼・soys企画部)
2012-12-19 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お知らせ 12/21(日)「冬至〜響きと灯りと大地の恵み」

冬至は一年で最も夜が長い日。
そして この日を境にまた少しずつ日が長くなっていきます。

古代の人々にとって暗く寒い闇は死の世界を暗示し
冬至は再び陽の光が戻る復活の日と考えられてきました。

この長い夜
ディジュリドゥの大地の響きと
クリスタルボウルの宇宙の響きに包まれながら
自然の営みに感謝し共に新しいいのちのサイクルを祝いましょう。

冬至2

「冬至〜響きと灯りと大地の恵み」

遠藤 園子(クリスタルボウル)& Yukki ( ディジュリドゥー)


日 時   12月23日(日)19:00〜21:00
会 場    農風土(のうふうど)http://www.no-fu-do.com/
      (仙台市泉区実沢桐ヶ崎屋敷1)電話 022-346-6811
参加費   3,500円(「遊庭(あしびな)」冬至のオーガニックディナー付です)
お申込先  ブログフォームからどうぞ



2012-12-19 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

非核平和都市 いわき

翌16日は
国際ヒーリング看護協会(IHAN)のみなさん
土井麻里先生と
被災された方々が入居されている
市内の「サン・コーポラス内郷」を訪ねました。


いわき市仮設8


いわき市は津波で沿岸部の市町村が大きな被害を受けました。
さらに続いた原発事故で
漁業 水産業 農業 観光業
そして放射能汚染という面で被害は続いています。

フラガールで有名ないわき市
観光面を中心に復興に向けて市を挙げてみなさんが努力され
観光客も戻りつつあり

市の中心街を歩けば
クリスマスの華やか活気にあふれてはいるのですが
市内沿岸部や原発近くの町村から
市内の仮設や住宅に移ってこられたみなさんの生活は
まだ何もめどが立っていないと言っていいのだと思います。


いわき市内には33箇所もの仮設住宅があるそうです。
今回お訪ねした「サン・コーポラス」は本来は雇用促進住宅ですが
空室を市が被災された方々に斡旋しているのだそうです。


この日は
いわき市内の接骨院の先生方にも合流していただいて
健康相談
カウンセリング
健康体操
整体
レイキヒーリング
クリスタルボウル演奏などを終日提供させていただきました。


いわき市仮設2


活動の様子はこちらにも紹介しています。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10151395991089225.543449.694264224&type=1


帰宅していわき市の震災時の様子やその後の経過を知りたくなり
HPを見させていただきました。

震災直後 第一弾の津波 
そして原発事故と未曾有の天災人災が引き続き起る中
国が何も動き出せずにいる中
市民の命を守るために次々に手を打っていった
いわき市の対応に頭が下がりました。

「東日本大震災から一年 いわき市の記録」


いわき市は「非核平和都市宣言」を採択し
核兵器の廃絶と世界平和の理念を早くから世界に表明してきた
高い志を持った市だったのですね。

いわき市の「非核平和都市宣言」を読むと胸を打たれます。

こんなすばらしい市が
今このような状況に置かれていることは
ほんとうに胸が痛みます。
(それは他の福島県、そして近県の町も同じです)


仕事 住まい こどもの教育の場所・・・
まだ放射能漏れもとまらず
具体的な方策が何も打ち出されない中
故郷を失い
家を追われた膨大な数の人々が大変な生活を続けている


ここいわきでも
そんな現状をあらためて感じて帰ってきました。


ご縁のあった土地で
できることをさせていただく
私のできることはそんなささやかなことだけど

同じ国の中で起っていることに
関心を持ち続けたい
そう思いました。
2012-12-19 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『響き合う癒しの夕べ』〜いわき市を訪ねて

いわきで治療院を開いておられる新田先生と
「ありがとうヒーリング」を企画制作して下さった
国際ヒーリング看護協会(IHAN)さんにお声がけをいただき
福島県いわき市を訪ねました。

12/15は『響き合う癒しの夕べ』
心療内科医の土井麻里先生の講演に続いて演奏させていただきました。

いわき市 ラトブ麻里さん


麻里先生は「体と心を癒すタッチケアと祈り」というテーマで
からだ・心・魂という三つの側面へのタッチについてお話してくださいました。

心地よい「からだへのタッチ(触れ方)」によって
早産の赤ちゃんの体重が増えたり
免疫力が向上したりが見られること。

「心へのタッチ」は 相手をあるがままに受けとめ 相手の心に寄り添うこと。
そして「魂へのタッチ」は「祈り」・・・。

お話の間に タッチケアの実習があって
私も近くの方とペアになって体験しました。

あたたかい言葉をかけてもらいながら
優しくていねいに触れてもらうと
大人の私でも(大人だからこそ余計に?)じ〜んと何かがあふれてきました。

生きているひとって あたたかいんだなあ
そのあたたかさが こころまでぬくめてくれるんだなあ

相手の方の手のひらを背中に感じながら
そんなことを思っていました。

アーツミーツケア3


そしていよいよ演奏会
ほとんどの方がクリスタルボウルは初めてのご様子でしたが
とても興味を持って味わってくださっているのがわかりました。

母音の歌など歌っていたら
あっという間に一時間たってしまいました。

アンケートもたくさんの方が書いて下さって感激でした。

宇宙を感じました 
来た時にあった頭痛がいつのまにか消えてしまいました
からだがすっかり軽くなりました
すっかり眠ってしまいました
こころが静かになりました
今まで聴いたことのない美しい音でした
頭の中が気持ちよくマッサージされるようでした
おなかにじんじん響いて気持ちがよかったです
いい時間を過ごさせていただきました・・・

わあ
伺ってよかった〜
こちらこそ感謝でいっぱいでした。


中心になって準備を進めてくださった新田先生
IHANのみなさん
ボランティアスタッフのみなさん
いわきのみなさんとの出逢いを
ありがとうございました^^

2012-12-18 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新月瞑想会 無事終了いたしました^^

今年最後の新月瞑想会も
おかげさまで無事終了いたしました。

新月12−5


ちょうど仙台は 冬の風物詩 光のページェントの時期
美しいイルミネーションが窓を彩る会場では
射手座のエネルギーのせいでしょうか
いつも以上に光と笑いが溢れていたように思います。


いつものように
はじめにこの一二週間を振返りましたが
12/7の余震のことが話題になりました。


昨年の震災のあと
明日何が起ってもおかしくないという思いが広がり
ほんとうに必要なものを見極め
不要なものを手放して
シンプルにていねいに暮らしたい

自然と
周囲の人とのつながりのある暮らしがしたい
そう思ったことを思い出したという方も
おられました。


12/7の余震で
311のフラッシュバックがあった人も多かったと聞いています。

地震は
意識をも揺さぶりますね。


あの余震は
すぐに記憶を風化させる私たちに
大事なことを忘れるなという
この地球からの警鐘
私たちの神性から届いたメッセージかもしれません。


新月12−7


2012年
今年もあと少し。

いらないものを整理して
できるだけシンプルに新年に備えたい
そんな思いを新たにした新月でした。


2012-12-17 : 新月瞑想会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

12/13 射手座の新月

2012年 今年最後の新月は、射手座で起ります。

新月瞑想会12月


自由な精神とグローバルな視野
理想と哲学 自然との共生
異文化共生 真理の探究 そして旅...。

「地球家族人」射手座のエネルギーが
この時期に日本に降り注ぐなんて
嬉しいですね〜^^


日本と世界
そしてあなた自身の最高の未来を思い描き
澄みわたるクリスタルボウルの響きの中で
ごゆっくりおくつろぎください!^^!


杜の都仙台は
冬の風物詩「光のページェント」も始まりました。

冷え込んでいるぶん
空気が澄んで
ページェントがいちだんときれいです。

年末年始前のこころとからだのおそうじがてら
どうぞお気軽におでかけください♪


*新月瞑想会*

日 時  2012年12月13日(木)18:30〜20:30
会 場  東京エレクトロンホール宮城 3Fリハーサル室
持ち物  筆記用具 お水 必要な方は膝掛けなど
参加費  3,500円
お申込先 ブログフォームからどうぞ

2012-12-10 : 新月瞑想会 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

飛び込んできた言葉〜Eagle hiroさんとの再会(続)

『古井戸におちたロバ』を読み終え
Hiroさんとインディアンの人々の出逢いについて
伺いたいことがいっぱいでてきました。

モニュメントバレー 花2

ボクサーだったHiroさんは
10代の頃 生きる意味を問うように
ストイックに試合と練習と減量に明け暮れていたそうです。

20代に入ったある日
気がつくと 手首と腰の関節がぼろぼろにすり減り
目の前のコップもつかめなくなっていた。

いろいろな治療も受けたが激痛は増すばかり。
認めたくなかったけれど 再起不能の状態だった。

身体ばかりか心も荒み
激痛をこらえて肉体労働をする中
ある人の紹介で気功の先生に出逢います。

はじめての治療で
からだの中の何かが溶けていくような気がし
何年か治療を続けるうち
歪んだ顔面の骨も少しずつもとに戻り
身体がだんだん機能を取り戻していったのでした。

そしてその頃から
幼い頃に封印したスピリチュアルな感性が
戻ってきたのだそうです。


1999年
何気なく入った書店で
一冊の本の表紙にかかれていた言葉が
突然Hiroさんの目に飛び込んできました。

『Good day to die 』

(『今日は死ぬのにもってこいの日』)

そしてその文字を見たとき
突然フラッシュバックのようにある風景が浮かび
深い感情が溢れてきたのだそうです。


モニュメントバレー 詩2


夕暮れの赤い大地の
どこまでも平和で懐かしい光景
手招きする インディアンの家族

Hiroさんは
自分はおかしくなってしまったのではないかと思ったそうですが

その光景や感情はその後もたびたび現れ
やがてとうとう突き動かされるように
その光景を求めてアメリカに旅立ち
魂の家族とも呼べるようなインディアンの人々と出逢い
シャーマンとしての修行もすることになったのだそうです。

http://blog.goo.ne.jp/eagle_vision/e/c05ceacd65b5393ac4c808a9167075cf


私も一度
からだもこころもどん底のような状態の時に
ふらりと立ち寄った書店で
ある本が光りながら手元に落ちてきたという体験があります。


そして
人生の岐路で
一編の詩に後押しされて
歩みだせた体験があります。


「 あなたの歌をうたえ
     空を
       見上げながら 」

 
(〜ヌートカ族の年老いた盲目の女性が歌った歌〜
 『それでもあなたの道を行け
  〜インディアンが語るナチュラル・ウィズダム』所収)


Hiroさんのお話を聴きながら
そんな体験が蘇り
胸が熱くなりました。


持参したクリスタリウボウルを奏でて
おいとましようとしたら
Hiroさんが静かにインディアンフルートとチャンティングを合わせて下さり
心洗われるコラボを体験させていただきました。


ヒロさん1


Hiroさん お店のみなさま
そして案内して下さった山内さん
すばらしい時間をありがとうございました。


ヒロさん3


天河さんからの
不思議な出逢いの連続に
改めて想いを馳せながら帰り道を辿りました。


今日は死ぬのにもってこいの日今日は死ぬのにもってこいの日
(1995/09/01)
ナンシー・ウッド

商品詳細を見る



それでもあなたの道を行け―インディアンが語るナチュラル・ウィズダムそれでもあなたの道を行け―インディアンが語るナチュラル・ウィズダム
(1998/08/01)
ジョセフ・ブルチャック、 他

商品詳細を見る


*****************************

12/13(木)「新月瞑想会」
12/21(金)「冬至の演奏会」も受付中で〜す ^^

2012-12-07 : 音・旅・仲間 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

12月のクリスタルボウルのご案内

Hiroさんとの再会のお話の途中ですが、忘れていました、12月の演奏会のご案内をさせていただきます!

地球も私たちの生活も
大きな転換期を迎えていると言われる2012年。
その2012年も残すところあと3週間ほどとなりましたね。


宇宙1



静かに自分自身と過ごすために
この一年の疲れを癒すために
もう不要になったものの手放しを加速するために
クリスタルボウルがお役に立てれば幸いです。

お時間ありましたら
どうぞ今月も響きに包まれにいらしてください。



①12/13(木)「12月の新月瞑想会」
 
12月は射手座の新月。自由を愛する旅と冒険の星座、射手座。
高邁な理想とエネルギッシュな行動力、広い視野と知識。
そんなエネルギーあふれる中、ご自分の願いを宣言してみましょう。

時 間 18:30〜20 :30 
会 場 仙台市内
参加費 3,500円


②12/15(土)「響〜響き合う癒しの夕べ」

前半は京都の心療内科医、土井麻里先生の講演とメンタルケアのワーク、後半がクリスタルボウルの演奏です。

時 間 14:00〜16:30
会 場 いわき産業創造館(福島県いわき市) 
料 金 1,000円
申込先 国際ヒーリング看護協会 
    http://npo-ihan.net/index.html TEL 0246-36-3537


③12/21(金)「冬至〜響きと灯りと大地の恵み」

冬至は一年で最も夜が長い日。この日を境に少しずつ日が長くなっていきます。
古代の人々にとって暗く寒い闇は死の世界を暗示し、冬至は再び陽の光が戻る復活の日と考えられてきました。
この長い夜に、ディジュリドゥとクリスタルボウル、大地と天の響きに包まれながら自然の営みに感謝し、共に新しいいのちのサイクルを祝いましょう。

遠藤 園子(クリスタルボウル)& Yukki ( ディジュリドゥー)
時 間 19:00〜21:00
会 場 農風土(のうふうど)http://www.no-fu-do.com/(仙台市泉区実沢桐ヶ崎屋敷1)電話 022-346-6811
参加費 3,500円(「遊庭(あしびな)」謹製 冬至のオーガニックディナー付)


④12/22(土)〜23(日)
「冬ヨガ〜クリスタルボウルの音色とともに」

 
 今年もヨガの西城麻耶さんとコラボさせていただきます。しなやかで深いところに届く麻耶さんのヨガをぜひ御体験下さい。大沼旅館の最高の温泉と自慢の自然食のお食事、御宿泊コースには朝のヨガも含まれています。
  詳細はこちら  http://soys38.com/project2012.html 

時 間 19:00〜20:00  
会 場 旅館大沼(東鳴子温泉)
申込先 0229-83-3052 (旅館大沼・soys企画部)



冬至キャンドル



⑤12/23(日)「冬のフィンドホーンのつどい
〜感謝とともに新しい光を迎えよう」

 
 みんなでテーゼを歌い、セイクレッドダンスを踊り、自分自身とお互いとともに過ごすつどいです。
 後半では、みんなで新しい年のエンジェルを迎えます。

時 間 15:00〜17:00(開始時間が変更になりました)
会 場 太白区文化センター リハーサル室
参加費 2,000円

*特にお申し込み先の記載がない企画は、メールフォームからお申し込み下さい。




2012-12-05 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Eagle Hiroさんと『古井戸におちたロバ』

「銀の鈴 ザ・フェア」三日目
「東京の空に歌おう〜トーニング・ワークショップ」
おかげさまで無事終了いたしました!

東京ももう初冬の空気でしたが
勇敢な?参加者のみなさんと 
新橋の屋上庭園で
じぶんのからだに愛と感謝の光と音を送っていきました。

演奏会とはまたひと味違う
きりりとした響きが
クリスタルボウルから参加者のみなさんへ
そして東京の空へと広がっていきました。

参加して下さったみなさま
そして
みまもってくれた草花たち
鳥たち
そして東京の空

ありがとうございました! *^^* !


sedona 1


さて 
ワークショップの後
下北沢に Eagle Hiroさんのお店を訪ねました。


Hiroさんは縁あって1999年にアメリカ先住民の地に招かれて以来
10数年に渡り渡米し
ラコタ族の伝統儀式の中で
シャーマンとして指名を受け修行を積まれた方です。

現在はインディアン・ジュエリーを扱うお店を持ちながら
インディアン・フルートの奏者として
インディアンの叡智を伝える絵本の監修者 語り部
スエット・ロッジなどインディアンの儀式の主催者として活動されています。

今年9月の天河神社の復興音楽祭でご一緒させていただいた時に伺った
「導かれた人生」のお話がとても心に残っていて
上京時にお会いできればと思っていました。

ちょうどHiroさんから
スエット・ロッジのご案内をいただいたこともあって
山内さんに連れて行っていただきました。

お会いしてすぐ
昨年出版された
Hiroさんが監修で関わった一冊の絵本を手渡されました。

『古井戸に落ちたロバ』(再話 北山耕平 / 絵と文 oba)


インディアンのティーチングストーリー 古井戸に落ちたロバインディアンのティーチングストーリー 古井戸に落ちたロバ
(2011/02/07)
北山耕平、oba 他

商品詳細を見る


Hiroさんと山内さんの会話を片耳で聞きながら
パラパラとめくりはじめたその薄い小さな絵本に
私はいつのまにか すっかりひきこまれてしまいました。

(ここから先は内容の私個人の読み取りなので
 自分で本に出逢いたい方は飛ばして下さいね^^)


ある時 村の古い井戸の穴に
一頭の年老いたロバが落ちてしまいます。
飼い主のおじいさんや村の人たちが助けようとするけれど
どうにも助け出せない。

このままではこの古井戸に
今度は子どもたちが落ちてしまうということで
ロバがいる穴に土を落として
埋めてしまうことになりました。

でも深い井戸なので
一日では到底埋まらず
ひとびとは毎日土を放り続けました。

ロバは最初鳴いていたのですが
そのうち声が聞こえなくなりました。

おじいさんが
ロバはとうとう死んでしまったかと
井戸の中を見ると
ロバはしっかり生きていた。

なんとロバは自分に降り掛かる土を
その都度 払い落とし
踏み固め 踏み固めして
どんどん嵩が高くなってきた地面に踏ん張って
生き抜いていたんです。

おじいさんたちはびっくりして
今度は助けるために土を足し
やがてロバは穴から助け出されるんです。

そして
ロバは助け出されるのですが
そのまま振返りもせず
一人で歩み去っていきました

というお話でした。


短くてシンプルなお話なのだけれど
とても深い智慧に触れた気がしました。

お話の中で
穴の中のロバが
上から土が降ってくるのに
驚く場面があるんですね。

絵では ロバの目から涙がこぼれていました。
今まで家族同然にしていたおじいさんたちに
泥をかけられ
埋められていく・・・。

でも
次々に降ってくる泥の中で
ロバは気づくんですね
「自分の上には積もっていない」と。

そして身体に落ちてくる土を
そのたびにふるい落とし
踏み固めていくんです。

そしていつのまにか彼は
底あげされた地面に支えられ
日の光の見えるところまで
はい上がってくるのです。


私は この
「自分の上には積もっていない」という気づきの部分とラストに
とっても心を打たれました。


私たちの人生も同じようなもの。
生きていれば
さまざまな困難が降り掛かる。

どうしてこんな目に遭うのだろうと思うような
災厄 仕打ち
自然災害や経済社会のできごともそうでしょう。

でも
それにただ巻き込まれて 動揺するのでなく
状況から距離を置いて
冷静に観る。

ほんとうに絶体絶命なのか?
ほんとうに自分は巻き込まれているのか?

ただ落胆したり恨んだり嘆いたりするのでなく
冷静に起っていることを眺めたから
ロバは 
土は自分の上に積もってはいない、というあの気づきを得られたのだと思いました。


そしてラストは
腑に落ちず 何度か読み直し
帰ってからも考えていました。

最初は
一旦は自分を生き埋めにしようとしたおじいさんたちに
怒りを込めて決別したのか?と考えたのですが
どうもそうではない気がする

今 私が思うのは

ロバはもう ただのロバでは なくなったんだ ということです。

人に飼われ
言われるままに荷を負い
人の用を足すだけだったロバは

自分の身に降りかかる
非情なできごとに
自分の智慧と
決してあきらめない忍耐で対峙しつづけるうちに
人に飼われるロバでなく
自信に満ちた自分の人生の主人公になったのだと思うのです。

そして
自由に
自分の意志で
自分の人生に歩みだしていったのだと思います。

後ろを振り返ることもなく。

(おじいさんたちと共に暮らすことも
 ロバは選ぶことができたでしょう。
 でももう 新しい自分の旅に出かける方が
 わくわくしたのでしょう。)


これはあくまでも私の読みとりで
本を読まれたら
また違う解釈もあると思います。

でも
一冊の絵本が
こんなに深く
人生についていろいろな方向から考えさせてくれるのですよ

これこそ
名作の証だと思いました。

北山耕平さんによると これは  
生きるとはどういうことかを教えてくれる、インディアンに古から伝わるお話だそうです。

モニュメントバレー 朝

みなさんもよかったらぜひ読んでみてくださいね。
機会があったらぜひ感想を聴かせて下さい!

とっても長くなったので
このあと
突然はじまってしまったHiroさんとのセッションについては
また後ほど・・・。

2012-12-04 : 音・旅・仲間 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

銀の鈴「ザ・フェア」演奏会

師走に入って最初の土曜日
今日はいつもお世話になっている
新橋「オフィス銀の鈴」さんの演奏会でした。

銀の鈴 フェア演奏会

銀の鈴さんでは ちょうど三日連続のイベントが開催中で
昼間はいろいろなセッションやワークショップが開かれていました。

日中時間があったので
出展しているみなさんの
ボディやハンドマッサージ
エネルギーヒーリングなどを受けることができました。

相手の心身を敬い大切にするハートと
技術の高さ。

からだも整い
エネルギー補給してもらいました。

こんな仲間と一緒にイベントに参加できて嬉しいなと
思いました。

カフェでおいしい酵素玄米のおにぎりセットを食べ
無農薬のりんごや柿や天然酵母のパンをおやつにいただき
準備万端。


銀の鈴 天然酵母パン


演奏会には
常連のお客様に加え
やっと来ることができましたというお客様
はじめて聴きにきて下さったお客様
この秋のツアーから何度も来て下さっているお客様など
たくさん聴きにきて下さって
ありがたかったです。

閉会後

先日結婚式を挙げた
常連のお客様の結婚式DVDを
残っていたみなさんと一緒に
みせてもらいました。

DVDの中のお二人のお顔が
互いに いたわりに満ちて
幸せそうで
列席の家族や親族のひとたちも
喜びの涙を流していて
思わずもらい泣きしてしまいました。


こんなふうに
人生の喜びを分かち合っていただけて
幸せだなあと思います。

みなさま
どうぞ
これからもよろしくお願いします。

 
2012-12-01 : 演奏会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アラキツヨシさんの「銀座SWING」にこんにちは!

昨日「銀座SWING」というラジオ番組に
出演させていただきました。

スタジオは「ソラトニワ銀座」
銀座松屋の屋上にあるのだそうです。

エレベーターで最上階に行くと
突然そこには白い壁 白い床にウッドデッキが張り渡された
リゾートのような空間が現れました。

ところどころにパラソルつきのテーブルが並び
空だけが見える屋上の秘密の(?)庭。

なるほど、まさにソラトニワです!
その庭が見えるスタジオで収録となりました。


ソラトニワ


パーソナリティーのアラキさんとさいとうさんから
クリスタルボウルとの出逢いやセラピーに興味を持ったきっかけ
ホリスティックセラピーとはなど
いろいろご質問をいただき
考えながら一所懸命お話ししてきました。


実際に音も聴いていただきましたが
クリスタルボウルの音は
現代の私たちに必要な音ですよねと言っていただき
クリスタルボウルでの音楽療法的な活動にも
とても興味を持っていただきました。


放送を通して
クリスタルボウルに興味を持ってくれる方が
また一人でも増えたら嬉しいです。


ソラトニワ記念写真


ソラトニワのツヨシさん
かおりさん
機会をつくって下さった米田さん 山内さん

ありがとうございました^^
2012-12-01 : What’s New : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

What's New !!

*これからの予定

9/23(土)演奏講座(京都)

9/24(日)日本ホリスティック医学協会シンポジウム(京都市内)

9/25(月)秋の夜の演奏会(大阪府高槻市)

9/26(火)島本町演奏会(大阪府島本町)

9/28(木)うずめさん演奏会(大阪市北区)

9/30(土)One Day リトリート(京都府綾部市)

10/1(日)京都初秋の演奏会&瞑想会(京都市内)

10/6(金)Otafukuさん名月演奏会(仙台)

10/8(土)加川広重個展コラボレーション(蔵王町)

10/15(日)口の宮・湯殿山神社演奏会(西川町)

その他の演奏講座、トランスフォーメーションゲーム 個人セッションは、水〜金及びイベントのない土曜日、ご予約可能です。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード