仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 2012年02月

ホリスティック医学協会 仙台セミナー

昨日はせんだいメディアテークで
日本ホリスティック医学協会 仙台支部主催の『ホピの予言』の上映会&
飛騨千光寺住職で「スピリチュアル・ケアワーカー」の大下大圓師の講演会でした。
100名を超えるみなさんが来場され、関心の高さを感じました。

最後に私もちょっぴり演奏をさせていただきましたが、
大下さんの声明とのジョイントというサプライズもあって、かなりドキドキでした。


さて、みなさんはご存知でしたか?

ホピ


地下資源の豊富なホピ族やナヴァホ族の居留地から 
電力をまかなうために 石炭が掘り出され
火力発電所を経由して ロスアンゼルスやラスベガスに送られていること

採掘されたウランは 精錬され 日本を含む
国内外の原子力発電所に燃料として送られていたこと
また ここで採掘されたウランが広島長崎に投下された原子爆弾の原料になったこと

掘削鉱夫として雇われた現地のナバホの若者には被曝者が相次ぎ
製錬所のまわりに放置された放射性廃棄物のために 
川の水や大地が汚染され 放牧中の牛や馬をはじめ
生まれてくる子どもたちにも影響がでていること...。

二年前に現地を旅した私でしたが
映画を見て初めて知ったことがたくさんありました。

休憩時間に 福島からわざわざ来て下さった方と
たまたま立ち話になりました。
この映画を見て被曝の影響などにショックを受けておられないか気になったのです。

「この映画のナバホやホピの人々の体験は
 そのまま今の福島の私たちの体験だと涙がこぼれました。

 被曝のことも含め
 彼らの痛みは私たちの痛み
 彼らの声はそのまま私たちの声だと思いました。
 見に来てほんとうによかった。」

その方がそんなふうに話てくださったのを聞いて
今 福島から世界が見える と思いました。

快適さや機能、娯楽が際限なく拡大していく都市部と
自然資源だけが残る地方というアンバランス

自分たちの暮らしが 水や電気が どこからどうやってきているのか
見えなくなっていた 見なくなっていた 不自然さ

ひとや土地を痛めつけて奪う方法でなく
もっと相手を思い 敬い
その場所その場所が全体性を取り戻すような方法はないのだろうか

日本で起っていることを見つめると同時に
世界に同じように存在している構造を
見つめる時なんだと思いました。

後半の講演で大圓さんが
大事にしている言葉として紹介してくださったのが「共生」でした。
大下さんは「共生」と書いて「ともいき」と読むそうです。

共に生きるものとして
お互いの痛みに耳を傾け
奪い合いではなく分かち合いといたわりあいの中で
人と人 人と自然が 互いに敬意を払い 幸せにともいきする世界を創りだしていくこと。

私の中でとてもリンクして腑に落ちました。

ー「スピリチュアル・ケア」とは お互いに癒し癒される関係のこと。
大圓さんのお話は、今、安心や静けさをとりもどすために
力づけられるお話がいっぱいでした。

聴きたかったなあというみなさんには
御本もいっぱい書かれているのでそちらをどうぞ!
おすすめの最新刊は『いさぎよく生きる』です!!


いさぎよく生きる: 仏教的シンプルライフいさぎよく生きる: 仏教的シンプルライフ
(2012/01/13)
大下大圓

商品詳細を見る



ブログを見て来て下さったみなさま
ゆっくりお話しできずごめんなさいでした。
おいでいただいてありがとうございました^^


***************************************************

2/22(水)「新月演奏会」
  
 時 間  18:30 ~ 20:30  
 会 場  旭ヶ丘青年文化センター 和室1  
 参加費  3,500円

今月の演奏会の告知をすっかり失念していました。

2月22日は新月。
新月のエネルギーの中、クリスタルボウルの響きに包まれて静かな時を過ごしたいみなさん、
古いものをリセットしたいみなさん、新しいスタートの日にしたいというみなさん。
直前ではありますが、どうぞ横になってもいいよう、掛け物などもっておでかけください。
ご都合よろしいみなさまの おいでをお待ちしております。

( 資料の関係上、お電話かメールで事前にご予約下さい。)


***************************************************
2012-02-20 : 参加企画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2/19 映画「ホピの予言」と飛騨千光寺 大下大圓氏 講演会 

仙台・ホピの予言上映会+-1_convert_20120202214443


当日は大下大圓さんの最新著書の販売もあります!!
御参加希望の方は NPO法人 日本ホリスティック医学協会 仙台事務局
holi_sendai@holistic-medicine.or.jp
または  上記申込み用紙または項目を書いて FAX 022-272-0818 にお送り下さい。 
2012-02-02 : 参加企画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2/19『ホピの予言』上映&大下大圓氏(飛騨千光寺住職)講演 そしてクリスタルボウル!

今日から二月
今年の日本列島は 東北だけでなく 記録的な寒波と積雪に覆われていますね。

私も例年の暖房では役に立たず
床に敷物を敷いたり
ペットボトル湯たんぽの数を増やしたり
お風呂のあとは湯冷めしないうちに眠るようにしたり
小さなことですが工夫しています

私は玄米を食べると エネルギーが高まるのか
身体を動かしたくなります。
寒いこの季節は玄米がゆをたいています。
おかゆにすると身体も温まって、冬の大のお気に入りです。

さて 2/19には 日本ホリスティック医学協会の イベントに演奏で出演します。
ドキュメンタリー映画『ホピの予言』
飛騨千光寺 住職で スピリチュアル・ケアを研究・実践されている大下大圓氏の講演とワーク
そしてクリスタルボウル演奏です。

お時間がありましたら どうぞおでかけください。
2012-02-01 : 参加企画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

What's New !!

*これからの予定

11/5(日)クリスタルボウル講座・上級(仙台)

11/12(日)おひさまの丘シュタイナー学校(仙台)

11/12(日)蕎麦処「初代伝五郎」演奏会(仙台)

11/23(木祝)ボーダレスアート・コンサート(仙台市)

11/24(金)トランスフォーメーションゲーム(仙台)残1

11/25(土)クリスタルボウル講座・上級(仙台)

その他、演奏講座(基礎及び中級)、トランスフォーメーションゲーム クリスタルボウル個人セッションは、水〜金及びイベントのない土曜日、ご予約可能です。

お気軽にお問い合わせください。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード