仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに… 出前活動

にんげんクラブ 宇宙の黙示Ⅲ

19日の土曜日

東京グランドホテルで開かれた
にんげんクラブの「宇宙の黙示Ⅲ」で


「天使の樹」の鈴木真佐子さんのお話に続いて
クリスタルボウルを演奏してきました



にんげんクラブ



場所は東京
そうそうたる顔ぶれの大勢のお客様を前にして
かなり緊張^^;


人間クラブステージ



でも 最初の一音を響かせたら
自分自身が鎮まりました。



手前味噌ですが
まず演奏者を静かな世界へいざなってくれるクリスタルボウルって
な〜んてすてきな相棒なんでしょう!!


ボウルたち
出逢ってくれてほんとうにありがとう♡



大好きなはせくらみゆきさんや宮崎ますみさんのお話も聴くことができました。

ああ女神の時代

いえ

性別に限らず

みんなが
自分の中にある自然・宇宙と交感する女性性と
それを現世で形にしていく男性性を
自分らしく発揮し

協力し
力を合わせて未来を創っていく時代だと感じました。


はせくらさんと真佐子さん

はせくらみゆきさん 真佐子さんと


ますみさん

宮崎ますみさんと


船井さん、小川さん、村中さん、ボブ・フィックスさん、
そしてこだまさんのお話にも
視野が広がり


自分の足場を確認する
充実した一日を過ごさせていただきました。



懇親会で
はせくらみゆきさんにいただいた
音がほんとに自由に嬉しそうに響きわたっていますねというお言葉
思わず嬉しくて涙ぐんでしまいました。


ドキドキしながらのチャレンジでしたが

チャレンジは新しい体験や出逢いをくれますね


現世は行動と体験を通して
自分が誰なのか
気づいていく世界


嬉しくもありがたい一日でした♡


2015-12-22 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

宮教大の「表現発表会」に音参加!!

先日 地元の宮城教育大学で身体表現や
日本の芸能を学ぶ学生の発表会がありました。


宮教表現あらくずし


私も身体表現の里見まり子先生の作品に音参加

即興作品を創る心地よい緊張感を味わってきました。


学生さんたちの作品は
即興ダンス、舞踏、グループパフォーマンス
日本の芸能の中の神楽 和太鼓と幅広く
身体による多彩な表現の世界を味わわせていただきました。



宮教太鼓



写真は撮れなかったけれど
ダンスや即興舞踏 グループパフォーマンスも
どれも個性的で

個人でとことん自分らしい表現を追求し
グループで学生生活を描き出し
どれも心に残りました。

からだが表現するものであること
表現する身体が他者の身体に響き
からだを通して他者につながっていけること。

一人一人が独創的であること
心とからだを揺さぶるその土地の民族のリズムがあること。

そんなことを体験を通して学んでいる学生さんたちがいること
すばらしいなと思いました。


表現発表会ちらし


相手のからだ そのありようや動きから
そのひとの内面を感じとる感性を磨いた学生さんたちが先生になって

こどもたちが
言葉でうまく自分を表現できないときも

からだが語るものを感じとり
からだという言葉で
接してくれたら嬉しいだろうなと思いました。


宮教表現発表会


さらに個人的に
この日お目にかかったメキシコ在住の石の彫刻家 保住先生と
石の話やオルメカやマヤ文明の話をして
小学、中学時代からの興味関心が一気に蘇りました。


クリスタルボウルに出会う前に
私には「石の時代」と呼んでいる
急に石や彫刻が気になって仕方なくなった日々があったのですが


石の時代は
実は小学校高学年時代から始まっていたのかもしれないと

重大な事実に気づいた夜でもありました。

このところ
幼い頃 あるいは 学生時代の興味関心が
今につながっていることを
突然思い出させられることが続いています。

何故???


2015-12-18 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

先生方はじめまして〜高校におじゃましました

昨日の仙台は初みぞれ!

夜にはワイパーの上に薄っすら溜まった雪も見えました。

いよいよ冬の到来ですね^^;



冷え込みの中でしたが

昨日は市内の高校で

教職員の先生方にクリスタルボウルの演奏を聴いていただきました。



高校教職員研修会



高校という場にちょっと緊張しながら伺ったのですが

準備に携わっている厚生部の先生方の

職場の仲間の健康への細やかな心配りや

企画への想いに触れ



演奏の前に私の方が

こころがほっこりしてしまいました。




クリスタルボウルを通して

響きに包まれ

響きに耳を澄ましていただいた静寂の時間が

少しでも先生方の

リフレッシュの時間になりましたら幸いです。





*******************


今週 11/28(土)

夜の演奏会&お話会
お申込みありがとうございます。

当日 みなさまにゆったりとお過ごしいただけるよう
あと2名ほどで〆切らせていただきます。

ご希望の方は
お早めにメールでお知らせ下さいね。



********************
2015-11-26 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

嬉しい荷物

先月おじゃました大学の先生方が
学生さんたちの感想を送ってくださいました。


学生さん感想


80名ほどの学生さんたちが
自分の言葉と文字でつづってくれた感想の束

お盆が明けてゆっくりと読ませていただきました。


用紙にぎっしり書かれた感想を見て
今の大学生は短い時間で
こんなにまとまった文章を書いてくれるんだと驚きました。


前半お話について

言葉が出せなかったり
視線も動かせないようなひとでも
全身でこちらの言うことを聴いているし
自分の意思を持っているという話が心に残った

重い障害や病気で
コミュニケーションが難しそうに見える人でも
何か意思表示する方法があるかもしれない
自分もそんな思いで方法を探したり
その方の様子を観察していきたいと思った

看護師を白衣の天使と思ったことはなかったが
病院に来る人の目には自分たちがどう見えているのかという
気づきをもらった

そんな感想をたくさんいただき
嬉しい思いで読みました


クリスタルボウルについても

思わず聴き入ってしまいました
短い演奏でしたが とてもリラックスでき気持ちがが安らぎました
不思議に落ち着く音で、いつの間にかあれこれ心配しなくてもいいという気持ちになった
音と一つになる感覚を味わいました
テストや実習の準備で疲れていたがリフレッシュできました
とてもきれいで優しい音でした
肩や首が軽くなった感じがありました
患者さんだけでなく御家族や介護に携わっている人にも役に立ちそうだと思いました
聴くというより身体に染み込んでくるようでした 
音の力を改めて感じました 
ボウル一つ一つに個性があり性格があると知って驚きました
訪問や緩和ケアの実習では今日の体験を参考にしたいです


いろいろな角度から
感想をいただき
私も励みになりました。



看護学部の学生さんたちは
夏休み中から実習が始まるとのこと
今は実習先かもしれません。


今日は
仙台育英が甲子園で決勝戦


みなさん

自分の選んだ場で
精一杯
自分を試してきてくださいね!!



*********************


8/22 今週土曜日は
久しぶりのアルケミーボウルワークショップです。


アルケミーボウルたち


水晶に
さまざまな貴金属や鉱物を加えた最新のクリスタルボウル

その全身に染み通るような響きと
それぞれ個性的なボウルのエネルギーを
実際に奏でながら体感できる
音響療法の体験ワークショップです。


これまでのワークショップの様子はこちらをどうぞ

http://crystallin.blog36.fc2.com/blog-entry-632.html
http://crystallin.blog36.fc2.com/blog-entry-629.html
http://crystallin.blog36.fc2.com/blog-entry-576.html


あと少し
受付可能です。

ご希望の方はメールホームからどうぞ♪


2015-08-20 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

看護学部の学生さんに「お話とクリスタルボウル」

おかげさまで熱中症も落ち着き
ミネラルと水分をとりながら無理せず過ごしております!


一昨日は市内の大学の看護学部の学生さんに
教員時代やクリスタルボウルでの訪問活動を通して
学んだことをお話する機会をいただきました。



天使2 東北文化



いただいたテーマは「相手の心に寄り添うということ」


いくつかエピソードを考えていったのですが

学生さんたちの顔を見ながら
特別支援学校時代
生徒さんたちと 関係を築く時に

心を開いて受け入れてもらうために
何が大事だったか

また相手に寄り添うということの例として
教師生徒みんなで取り組んだ演劇づくりについて
お話させていただきました。



もし自分がご縁をいただいた方が
言葉を発することができなかったら
どうします?


視線や表情で
返事を返してくれなかったらどうします?


そっと触れた指先に
かすかな返事を感じることがあるかもしれません


相手のことをわかりたいという気持ちで

語りかけ 
さまざまなかたちでの
コミュニケーションを試み

相手の方がどんなふうに応えてくださっているか
応え方を探してみる 

そんな積み重ねが 関係をつくっていくのだと思います


可能な限りその方の病気や障がい
これまでの歴史についての情報を集め
その人を知ろうとすること


病状や障がい 年齢 生活経験などから
そのひとの気持ちを想像してみること

そして 言葉の掛け方 触れ方 声の大きさ 近づき方 介助の仕方等を 
ご本人に聞きながら研究して行くこと

そんなふうに 
相手の立場を想像しながら
ていねいにかかわりを積み上げていくことが
寄り添うことではないか

そんなお話をさせていただきました



天使1 東北文化



後半は
父の話をしました


誰にでもやってくる老いですが

身体に次々に老いの不具合があわられる次期になった時

ひとはどんな気持ちになるのか

わが父の
 
憤りや腹立ち 抵抗 落胆 あきらめ 痛みと受容というプロセスを

振返りました



年輩の方には
あたりまですが 熱く謳歌してきた輝く青春があり
家庭や社会の中心になって働いてきた壮年期があり
長い長い人生の歴史があります

その人が生き抜いてきた人生の時間に思いを巡らし 
敬意をもって寄り添うことの大切さを感じた話をしました



ナイチンゲール0 東北文化



最後はクリスタルボウルを聴いていただきました


お話や響きを 学生さんたちがどう感じたか
不安だったのですが

授業が終ったあと
ボウルのまわりに 意外なほど学生さんたちが集まってくれ
ボウルについて口々に質問をしたり 写真を撮ったり
中には抱っこしてもいいですかと言う学生さんもいて


何かを感じてくれたんだなと嬉しく思いました。



お話の最後の最後に話したのは

人を支える仕事に就こうとするみなさんに
自分のこころとからだを なによりも大事にしてほしい

自分が幸せと思える時間を過ごすこと
人生の楽しみや 
バカをいい合 弱音も吐ける仲間を
ぜひ学生時代に開拓してほしいということでした


私自身 それが上手ではなかったゆえに 

よけいにそれを伝えたいのかもしれません



年を重ねましたが 相変わらず人生模索中

こんな機会をいただいたことを

ありがたく思った一日でした。

2015-07-29 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

人生の先輩たちに学ぶ「いきいき幸せな人生」

真夏のような毎日が続いていますが
みなさん いかがお過ごしですか



ノースポール庭2



土曜日は「白萩の会」中央支部の集まりに
クリスタルボウルと参加してまいりました。

実は 私もこの会に所属している会で
県内の、退職した女性の先生方の会なのです。


定年よりだいぶ早く教職を離れた私は
定年まで勤め上げた先生たちの場に加わることに
最初 ためらいもあったのですが


現役時代
一緒に教材研究や授業研究をし
さまざまなことを熱く語り合った先輩たちのお誘いで
入会させていただきました。


人生のある時
本気で一緒に何かに取り組んだ先輩たち仲間たちって不思議なもので

何十年の時間が流れても

一瞬でその時の熱と信頼感が戻ってきてしまう
先輩たちがいるなら と 一員に加わらせていただきました。



福幸の鶴 ノースポール




この会は
米寿を越えたメンバーもいらっしゃるのですが

参加するたびに
先輩方の日々の過ごし方に
刺激を受け

これからの自分の暮らし方に
ヒントをいただいています。


これからどんなふうに生き
年を重ねて行こうか

日々どんなふうに生きることを
自分は望むのだろうか

父母亡き今

私にとっては
人生の先輩たちの話を聴きながら自分のこれからの生き方を考える
貴重な場の一つになっています。



ノースポール石段



退職後の生活 といっても
順風満帆 悠々自適 などという方は少なく

これまでの昼夜のない激務から退職した途端の体調不良や発病
待っていたような親や伴侶の介護生活のはじまり
さまざまな事情からの再就職

そして4年前の大震災


でも
集まっている先輩たちは
何やら明るく

表情にもお話にもハリが感じられます。


どうしてみなさん
こんなふうに生き生きとしているんだろう


毎回 その元気の秘密を考えながら
参加している私です


毎回気がつくことは違うのですが
今回感じたのはこんなこと


①自分でする自分サイズの暮らし 

一人暮らしの九十歳に近い先輩は今なお食事、家事、畑仕事を一人でこなし、時々書道を楽しんでいます。
手を動かし体を動かし頭を使う、家事は頭脳労働の最たるもの。自分でこなせる範囲に、暮らし方やもちものをシンプルにしていくことも大事だと思いました。


②大好きなことをする

畑仕事 ガーデニング 読書 昼寝 カラオケ 書道 合唱 ボランティア 。
好きなことをしている時間は、まさに生きる喜び、気力の源。そこからまた新しいつながりが生まれることもありそうです。ここからは、大好きなこと優先でいきたいですね。


③人の中にでかけて 広い視野をもつ

よっこらしょと人の中にでかけていって人の話をきく。考え方が広がったり、気分が変わったり。
病気や人生の諸問題、経験している友達たちがいがいと大勢いたりもします。自分だけと思わず、人の中にでかけてさりげなく話してみる。ひとりで抱え込まない、これも大事な知恵、と思いました。


☆番外

世の中のため 次の時代のこどもたちや孫のために
できることをする


この会にきて
先輩たちの様子を見ていていちばん感動するのは 
実はこれかもしれません



私も わずかでも

近づけたらなと
思います



*****************************



演奏後、ひとりの先輩が近くに来てくれました。


「今日の響き、とてもよかったよ。

 自分が穏やかに、何の心配もない状態になって、失礼だったけど眠っちゃったわ。

 私は検診で突然癌が見つかってね、三日後に入院手術と言われたの。

 頭が真っ白になって、どうしていいかわからず、家に帰って一人、井上靖の『敦煌』を読んで過ごしたの。

 あのとき、今日のこの音があったら、どれだけ助けになったかわからないと思ったわ。

 私は幸い、今こうして元気を取り戻しているけれど、ぜひこの音を、突然の発病で絶望と不安の中にある人に

 ぜひこの音を届けてちょうだいね。」


自分が世の中にできることを教えていただいて

ありがたく思いました。


****************************


そうそう
ちょうどこの会の前日は7月10日

仙台にB29爆撃機が大挙して爆弾を投下し
一面が焼け野原になった
仙台大空襲のあった日です

中央支部の先輩方は
自分たちの戦争体験をものがたりと合唱曲にして
学校や地域に出前にでかけています

タイトルは『おばあさんから孫たちへ』

戦争の時代ってどんなものか
体験したおばあさん おかあさんたちの話を
ぜひ聴いてみてください。


近日の予定は

日 時 7月17日(金)10:45〜11:30
会 場 郡山コミュニティーセンター(仙台市太白区郡山5−7−1)
内 容 合唱組曲『おばあさんから孫たちへ』 宮城白萩の会 有志
    お話 「満州引き揚げを体験して」  増田千代子さん
参加費 無料
  
です♪

*********************

2015-07-12 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

聖ドミニコ学院におじゃましました

この日曜日は

聖ドミニコ学院の同窓会総会にお招きいただき
聖堂でクリスタルボウルを奏でてまいりました。


ドミニコ同窓会2



午前の光を受けて
浮かび上がるステンドグラス

ぬくもりのある静かな聖堂に
クリスタルボウルの響きが
どこまでも柔らかく広がっていきました


ドミニコ同窓会 聖堂1



さまざまな世代の方々が
母校の聖堂につどい

ともにクリスタルボウルの響きに耳を傾け
静けさを味わってくださることに感動しました


私にとっても
すばらしい時間でした



ドミニコ同窓会 聖堂2



濱田同窓会長さんはじめ

すばらしいチームワークで会を運営してくださったの役員のみなさま

高橋校長先生 係の先生方

ご出席のみなみなさま


すばらしい機会をいただき ありがとうございました







2015-06-28 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

七ヶ浜仮設訪問

土曜日は七ヶ浜町にいってきました。


七ヶ浜150530


午前中は七ヶ浜中第二グラウンド仮設住宅集会所
午後は汐見台の春公園集会所に伺いました。

壁には送られてきた励ましの寄せ書きや絵手紙などが貼られているんですが
ほんとに全国から届いているんですよね。


七ヶ浜150530集会所1


最近のお便りもありました!!


さて、この日は全員での体操からスタート

輪になってのマッサージではいつものことながら笑いがあふれます。


七ヶ浜150530体操


ハンドマッサージや全身マッサージ、楽健法、イネイト療法で日頃のこりや疲れを癒し


七ヶ浜150530マッサージ


クラフトコーナーで和紙小物づくりを楽しんでいただき

最後はクリスタルボウルでみんなで静かな時間を味わっていただきました。


七ヶ浜集会場集合1


私は楽健法も提供させていただきましたが
高齢のおとうさんやおかあさんのからだに触れていると
自分の父や母の姿に重なってくるんですね


触れるということは
触れることのできる相手の身体があるということ

そして触れることは
触れられること

まさに触れ合いなんですよね。

父母のぬくもりを感じて
ありがたいなあと思いました。



午後は汐見台の春公園集会所に伺いました。

こちらでもクラフトコーナーの和紙の箸置きづくりが大人気!!
すてきな作品が続出でした。


150530春公民館クラフト作業



人と顔合わせで何かするってやっぱり楽しいね。
ほかのひとの様子を見て刺激を受けたり気分転換になるものね。
ここにこなかったら、今日は一日部屋にいたよわ。


・・・そんなお話ききながら、人が集まる機会づくりはいつでも大事なんだなと思いました。


150530七ヶ浜春公民館


国際ヒーリング看護協会東北支援チームの
れいこさん、きむちゃん、和泉さん、
ご一緒させていただいたみなさん、ありがとうございました。


久しぶりの七ヶ浜
国際村のほうから汐見台に降りてくるあたりの田んぼは
津波をかぶって焼けたようになっていましたが
土を入れ区画整理して、広い新しい田んぼに生まれ変わっていました。


水がはられた田んぼに稲がそよぐ景色は、何とも美しかったです。
やっぱり日本の原風景ですね。
ああ 田んぼが戻ってきた〜と思いました。


汐見台集会所で活動を終え、帰ろうと外に出たら
空に彩雲が現れました。

150530 彩雲


みんなでしばらく見とれてしまいました。


先日のブログに書いたように
先月、ずっと中心になって活動してくれたたいせつな仲間が急逝しました。

今回も七ヶ浜で会えるのを楽しみにしていますとメールをもらったばかりでした。

ごくろうさん、僕もちゃんと来てたよ〜という声が
彩雲から聴こえた気がした夕方でした。

2015-06-01 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2/8  クリスタルボウル出前コンサート♪

先日は仙台市内東部に出前コンサートに行ってまいりました^^


高梨さん5
^^

以前から演奏会やワークショップに参加してくださっている御夫妻が
クリスタルボウルをぜひ友人や仲間たちに体験させたいと
企画してくださったのです♪


このお仲間は
家族や自分自身が病気になったことをきっかけに出逢い
それ以後 情報交換や学び合いを共にされているのだそうです。

中にブログを見てくださっていた方
どこかで私の名前を聞いてくださっていたという方々もいらっしゃいましたが
御夫妻以外ほぼ全員が クリスタルボウルははじめて!

クリスタルボウルについて
歴史や製法などを紹介させていただきながら
少しずつその響きを楽しんでいただきました。


そして後半
クリスタルボウル演奏会の醍醐味

横になってゆるゆるくつろいで
音の波に包まれる
至福のやすらぎタイムです。

演奏会の最初に
後半寝ていただくかもしれませんとお知らせした時には
不安げだったみなさんも

演奏会の前半ですっかり安心されて
それぞれに場所を見つけて
その場に委ねてくださいました。


一時間半ほどの演奏会が終わり
みなさんがゆっくり目覚めてくるのを待って
少し Q&Aコーナー


深く眠られた方
身体が軽くなったという方
いろいろな想いが楽になったという方
わけもなく涙が流れたという方
さまざまな感想を聞かせていただきました。


その後はおいしいマクロビごはんをいただきながら

自然農のこと 
元気な土と野菜づくりのこと
ホリスティックな人間観のこと
統合医療のこと
クリスタルボウルのこと
自分にとっての健康 そしてこれからの夢

食と健康とくらしの話に花が咲きました。


高梨さん1


私はリクエストを受け
クリスタルボウルとの出逢いや
以前の仕事からの転職のいきさつをお話しすることに・・・

一昨年あたりから
みなさんからそのあたりのことを尋ねられることが
再び多くなってきました。

当時の私と同じような状況の方が
増えているのかもしれません。

私の体験がみなさんの励ましになるのなら
こんなにうれしいことはありません。



この日のお料理は
仙台で「ナチュラルキッチンmana」を主宰する松本先生がつくってくださいました。


高梨さん2


高野豆腐のフライ  にんじんのサラダ
テンペの唐揚げ  ごぼうと厚揚げの煮物
りんごと白菜のサラダ

野菜とお豆と穀物だけで
おいしくて贅沢でしみじみ満足

私は高野豆腐やお麩の料理が大好きなので
ひとり大喜びでした。


さらにサプライズ
知る人ぞ知る 『野菜畑』の阿部さんが持ってきてくださった
自然栽培のにんじんの生ジュース!!


高梨さん3


たっぷりしぼってあるレモンも自然栽培

にんじんの甘さがレモンでますます引き立ち
最後の一滴迄、そのまま血液に変わりそうなぐらい
甘く力強い 忘れられない味でした。


最後は奥さんの美しいフルーツ!!

高梨さん4



病ととともに生きることは
人生について 一日について
これまでとは違うものさしを持つことなんだと思いました。


毎日いただくもの

毎日身につけるもの

毎日口にする言葉

毎日思い浮かべる想い


同じ何かをいただくならば
いのちのあるもの
いのちをいかすもの
いのちを元気にするものを選んでいきたいな


そんな想いを新たにした一日でした。

すてきな出逢いの場に感謝いたします。

2015-02-12 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

いわき市を訪ねて〜薄磯訪問

10/11は 国際ヒーリング看護協会の東北支援チームメンバーと
いわき市の薄磯地区を訪ねました。


塩屋崎灯台


国際ヒーリング看護協会のメンバーは
2011年から定期的に宮城と福島を訪ね
マッサージや整体、アロマトリートメントやレイキ、歌や紙芝居なども加えながら
看護や介護、施術の場面でつちかってきた技術で
地元のみなさんと交流しながらくつろぎの時間を届けています。

私にとっては薄磯地区は昨年に続いて二度目の訪問でした。


塩屋崎の海


前回はみんなで歌おう歌の時間と楽健法をさせていただきましたが
今回はクリスタルボウル演奏をお届けしました。

震災以降ずっと
薄磯のみなさんの集会所のようになってきた修徳院に
今回も薄磯のおばあちゃま、おかあさんたちが集まってくださいました。


薄磯修徳院


会場について部屋に入るなり
一年ぶりだね〜、CD聴きながら待ってだよ〜!と声をかけていただき
半分位のみなさんがもう眠りの態勢で横になっているのを見てもりもりやる気がわき
さっそく演奏を始めさせていただきました。

座っていたみなさんもだんだん横になり
横になっていたおばあちゃんたちの間からは
気持ち良さそうな寝息やいびきが聴こえてきました。


薄磯ソロ


こ一時間ほど演奏して
ゆっくりと目覚めていただきました。

目が覚めたみなさんから
きれいな音だったね〜
いつの間にか寝てしまったよ
不思議だね〜
肩や首が楽になったよ
目がすっきりした

そんなお言葉をいただき
ありがたく思いました。

お茶の時間をはさんで
お茶の間では和泉さんのサンキャッチャーづくりが店開き


薄磯いずみさん


和室では
新田治療院の新田先生の整体や
IHANの玲子さん、岡田さんのマッサージがおこなわれ
私も楽健法を提供させていただきました。


薄磯マッサージ


震災後
それぞれ住む場所がちりぢりになったり
体調がいまひとつだったりして
ふだんはなかなか会えないのだそうです。

中には仮設住宅に手芸を教えにいっているという方もおり
マッサージや整体 そしてみんなと会える時間を嬉しいと
喜んでくださいました。

一年ぶりの薄磯は
災害復興住宅が完成していましたが
入居者はまだ少ないそうです。


遠浅の海
最高の海水浴場でもあった薄磯

ここでどんな暮らしの場をつくっていけるのか
薄磯を愛する地元の方々の模索は続いています。


薄磯地区の様子はこちらの復興協議委員会さんのFBページで
ご覧いただけます。

薄磯復興協議委員会









2014-10-14 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

久しぶりに学校へ & 盛岡演奏会のお知らせ

今日は仙台と塩竈地区の
高等学校と特別支援学校の養護教諭の先生方

保健主事の先生方の研修会の講師として
宮城県立聴覚支援学校におじゃましました。


学校保健研究会


保健室は  
怪我した時 具合が悪い時 お世話になるところですが
さびしいとき  気弱になったとき いろいろ困りごとがあったときも
行きたくなったところでした。

保健室の養護教諭の先生は
きびしくて やさしい
学校のみんなのお母さん(お姉さん)かも知れません。

今日は
いつも全校の子どもたちのからだと心に目を配り
心を砕いてくださっているそんな保健室の先生に
クリスタルボウルの響きの中で
ゆったりくつろいでいただけたらなあと思いました。


クリスタルボウルとの出逢いにまつわるお話をはさんで
前半は座って
後半は寝転んで
たっぷり浸っていただきました。

演奏会後
先生方が感想を伝えに来てくださいました。


一番後ろにいたのに音がすぐそばからとびこんできました
手足があたたかい状態がずっと続いています
時間の感覚がなくなり長い時間ぐっすりと眠っていたような気がしました
今も全身に微細な電流が走っているような感じです
首や肩が軽くなりました
涙がこぼれました
こころがしんと静かになりました


70人ほどの先生方がお集りでしたが
クリスタルボウルが
少しでも先生方の休養と充電に役立ったら嬉しいなと思いました。


いろいろお世話いただきました 聴覚支援学校の菊池校長先生
事務局の梅田先生 高橋先生 佐藤先生
そしてご参加の先生方

ありがとうございました^^



************************

♪お知らせ♪

7月上旬 岩手県盛岡市に伺います!
 
*南部さま別邸で
 くつろぎのクリスタルボウル演奏会*


日 時   7/9(水)午後の部 14:00〜16:00(午後の部が追加になりました!)
夜の部  18:30〜20:30
会 場   旧南部家 別邸 和室
参加費   3,000円

会場は国の有形文化財に登録されている
盛岡城主 南部様の別邸だそうです。

お庭の見える風雅な和室で
夕方からのクリスタルボウル

お近くのみなさま
ぜひ聴きにいらしてくださいね^^

お問合せ 御予約は
KAN薬舗の菅さん ☎019-645-0923  までどうぞ♪


2014-06-18 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

七ヶ宿町へ こんにちは

3/15は七ヶ宿町文化協会の研修会にお招きいただき
森と湖の町 七ヶ宿町に行ってまいりました!!


七ヶ宿20140315sonoko


この2月の雪は
豪雪地帯の七ヶ宿でも
初めて経験する量だったそうで
町内には まだ軒下ぐらいの高さまで
雪が残っているところもありました。

会場の七ヶ宿町活性化センターのまわりも
かなりの高さの雪がありました。

でも、中はぽかぽか!
この日は 日頃 歴史文化を学んだり
大正琴や和太鼓 日舞などに取り組んでおられる
会員のみなさんと御家族が集まってくださいました。


殆どのみなさんが初めてのクリスタルボウル!!
しかも殆どのみなさんが人生の大先輩!!
ちょっと緊張!!の私でした。


七ヶ宿20140315演奏風景


しかし 演奏を始めると
微笑んだり 目頭を押さえたりしながら
みなさん 静かに深く聴き入ってくださり

クリスタルボウルと歌おうのコーナーでは
優しいやわらかい歌声が会場いっぱいに広がりました。


体験をお尋ねすると

「ボウルの音を聴いていたら 
 音に包まれて
 何だかふわあっと浮かんでいってね

 さっきまで 
 亡くなった主人と一緒に
 空の上にいましたよ」


「音が頭の中にさらさら入ってきて
 頭がすっきりしました
 
 こんなの初めてですよ
 認知症の改善になるんじゃないかしら

 そのうち音が頭から胸やおなかの方にも流れて
 振動がほんとに気持ちよかった」


すてきなお話に
びっくりうっとりの演奏会でした。

おそるべし 七ヶ宿の先輩方!!


七ヶ宿 光夫さん 円さん


友人の七ヶ宿の白炭
佐藤光夫さん 円さん夫妻です。

今回はお宅を訪ねて久しぶりにゆっくりお話ししたり
炭の窯だしを見せてもらったりもできて感激でした。


美しい湖と大自然の町 七ヶ宿
何だか自分の中の自然がよみがえる感じでした。

雄大な景色を眺め
凛とした空気を胸いっぱい吸い込んで
身も心も清められました。


公民館の村上さん
文化協会のみなさん
ありがとうございました♪


**************************


今月の個人セッションの受付は終了しました。
御予約ありがとうございました。

♢4月の予定
4/29(火・祝)「かみさまとのやくそく」上映&クリスタルボウル(仙台)

個人セッション&演奏講座(仙台泉)
4/8(火)4/10(木)4/25(金)4/26(土)

トランスフォーメーションゲーム(仙台泉)
4/27(日)


♢5月の予定
5/2(金)〜3(土)トランスフォーメーションゲーム(宮城)受付中
5/6(振休)個人セッション(東京・受付中)
5/7(水)トランスフォーメーションゲーム(東京・受付中)
5/16(金) ヨーガ&クリスタルボウルワークショップ(宮城蔵王遠刈田温泉・ゆと森倶楽部)

※GWおよび5月上中旬の個人セッションについてはお問い合わせ下さい。
2014-03-15 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

石巻〜もうひとつのご縁 (出前報告 その1)

この12月は
石巻市 門脇(かどのわき)にもおじゃましました。


石巻門脇1


三重県津市のHさんからいただいたご縁でした。

Hさんは
津市での演奏会に
お母さんと来てくださって以来の間柄です。

昨年 CDの「祈り」と「ありがとうヒーリング」が完成した際
石巻の知人にも送りたいとメールをいただきました。


石巻の知人?と
不思議に思って尋ねてみると
震災後 ニュースを見ていた息子さんが
居ても経っても居られないと
何度も石巻にボランティアに出かけ
そのうちボランティア先の方々と親戚のようになり
今は家族ぐるみで訪ね合っているというではありませんか。


息子はAさん夫妻を 石巻のお父さん お母さんと呼び
今は私の両親も一緒に 家族ぐるみで石巻を訪ねたり
こちらにお招きしたりしているんですとのこと。

震災をきっかけに生まれているそんなつながりに驚き
CDを聴いていただいたご縁に感謝して
私もいつかHさんの「石巻の親戚」Aさんを
お訪ねしたいなと思っていました。

そしてこの12月にやっと予定が合って願いがかないました。


門脇地区は
震災で最も多くの方々が亡くなり大きな被害を受けた石巻の中でも
特に被害の大きかった場所です。

震災直後と今の門脇地区の様子を紹介している
石巻のサイトをみつけました。

http://ishinomaki-photo.blogspot.jp/2013/03/2years.html



ぜひ一度伺ってお話を聴いてきたいと思ったものの
いざお訪ねするとなると 正直緊張しました。

Aさんは 震災後に自宅の敷地に建てた寄り愛所で
お友達たちと一緒に私を待っていてくれました。


Aさんは 壊滅的な打撃を受け
ひとも家屋も散りじりになったこの場所には
人が集まることができる場所が必要だと思い
家の隣りにこの寄り合い所を建てたそうです。

聞けば地区にはほかにも
自前で寄り合い所のような場所をつくっておられる方々がいるそうです。


待っていてくださったみなさんにあたたかくもてなしていただき
震災後や最近のお話を伺ったり
Hさんや息子さんの話をしてすごしてきました。

震災後
全国からのボランティアのひとたちにどんなに助けられ
励まされてきたか
また こんなふうに気持ちの通い合う仲間と集まれる場があることが
どれだけ支えになっているか
みなさん口々に語っておられました。


この日は みなさんのリクエストに応え
ここだけスペシャルバージョンで毛布やおふとんに身を委ねて
クリスタルボウルを聴いていただきました。


演奏後はクリスタルボウルの感想や
最近のお話で盛り上がり
寄り会い所を出た頃には空には星がまたたいていました。

Aさんは
門脇を訪ねてくれた人たちが
また気にかけて連絡をくれたり
顔を見にきてくれるのがほんとうに嬉しく
励みになると言っておられました。


私もまた門脇をお訪ねしたいと思いました。

すてきなつながりに
ささやかながら加わらせていただけたことに
感謝の一日でした。


2013-12-29 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

気仙沼・本吉地区養護教諭研修会

今週は気仙沼と本吉地区の
養護教諭の先生方の研修会にお招きいただいて
いってまいりました。


養護教諭研修会

いただいたお花と一緒です^^


日頃 こどもたちだけでなく
保護者の方々や先生方の
話を聴き
さまざまなこころやからだの手当をして下さっているのが
保健室の先生だと思います。

特に気仙沼や本吉地区は
震災で大きな被害を受け
直後には学校がそのまま何週間か避難所にもなりました。

ご自分も被災されながら
その後 ずっと
まわりのお世話をしながら
走り続けてこられた先生が多いと思います。

そんな先生方に
からだとこころがやすらぐひとときを
味わっていただきたいと思いながら
行ってまいりました。

この日の内容は
楽健法とクリスタルボウルによる音のリラクゼーションでしたが
みなさんの様子を拝見し
直観でフィンドホーンの歌とダンス
アロマ呼吸法も加えました。


歌とダンスで笑いがあふれ
くつろいでいただける時間になったかなと思います。

ひとのケアをするお仕事に携わるみなさんにこそ
自分のケアをする時間が必要だと思います。

これからもケアに携わる方々に
自分をいたわり
ともにくつろぎ
充電する時間をお届けできたらと思います。


ご参加の先生方
準備にあたって下さった役員の先生方
ありがとうございました。

2013-12-11 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

七ヶ浜ボランティア

11/10は
国際ヒーリング看護協会の仲間と
七ヶ浜町汐見台の集会所にボランティアで伺いました。

こちらの集会場は今回初めて訪問させていただきました。
近所の在宅避難者の方たちが楽しみに集まって下さいました。

健康体操、整体、マッサージ、紙芝居、エネルギーヒーリングのあと
最後にクリスタルボウル演奏でくつろいでいただきました。

もうからだが緩んでいたのでしょう
みなさん程なく眠られ
目覚めてからすてきな夢や体験を聞かせていただきました。

中にはずっと姿勢を正して聴いて下さっていた方もいて
お尋ねしたら 姿勢を崩しては申し訳ない音だと思ったとのこと
嬉しくもありがたいお言葉でした^^

帰りには身体が楽になった
また来て下さいねと声をかけていただき
みんなで嬉しく会場をあとにしました。


七ヶ浜11/10_convert_20131121161349


国際ヒーリング看護協会の玲子さん きむちゃん 
いわきの新田先生 ゲストのリッチさん
宮城のセラピスト仲間 江川さん 小澤さん 内海さん 加藤さん 
山形 酒田のさくら会のみなさん 

ご一緒させていただき ありがとうございました♪



2013-11-15 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お母さんたちにもクリスタルボウル!!〜東京ミニ演奏会

11/4は表現アートセラピー仲間の ゆうちゃんのお招きで
お子さんたちが幼稚園という
若いママたちのつどいに出張しました。


暦ボード


ゆうちゃんの主宰する「Studio暦(reki)」の企画。
こどもたちを育てながら、一日一日、共に暦をめくるように歩いていこう
そんな願いを感じる
ママたちのグループでした。

日頃 自分のための時間はほとんどないという若いママたち

この日は託児もあり
久しぶりに何も心配しないで自分のメンテナンスができます と
響きの中で
ゆっくりとくつろいでおられました。

クリスタルボウルの響きに包まれ
みなさんの日頃の疲れが
少しでも軽くなったらいいなあと思いました。♪


暦1


*いただいた感想をご紹介します*

・とても心地の良い音で、いつのまにか眠ってしまいました。
気がついたら手足がぽかぽか温かくなっていました。お水も甘くなっていてびっくり。すばらしい演奏会ありがとうございました。

・起きたら目がすっきりして、あたりが明るく見えるようになりました。

・音の振動が心地よく伝わってきて、ずっと全身をマッサージされているような感覚でした。心身がリセットされた気がします。次回を心待ちにしています。

・ふだんはお薬を使わなければならない体調なのですが、今日はお薬なしで、心身共にゆるむことができました。またぜひ聴かせていただきたいです。

・演奏が始まって間もなく深い静けさの中に入り、ヨガの瞑想と同じような状態を味わいました。頭が冴えて脳が活性化された気がします。

・クリスタルボウルの音が降り注ぐ中で、普段忙しいママたちが眠っている姿がいとおしくて嬉しかったです。
またぜひ聴きたいです。


ゆうちゃん みなさん
出逢いに感謝です。

ありがとうございました♪

2013-11-12 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

いわき市 薄磯地区訪問

9/14 いわき市の新田先生
国際ヒーリング看護協会(IHAN)のみなさんと
いわき市 平の薄磯地区を訪問しました。

前区長の志賀さんとの出逢いがきっかけでした。


いわき花

  瓦礫に花を咲かせましょう・・・ 
     薄磯ではコンクリートの土台や防波堤に
     ボランティアの人たちが描いた花が咲いていました


薄磯は311の大震災による大津波で
いわき市で最も壊滅的な被害を受けた地区です。


美しい海と海水浴場で有名で
たくさんの海の家や民宿が立ち並ぶ薄磯地区は
夏はともなれば大勢の観光客で賑わう場所でしたが

当時280戸ほどあった世帯の267戸 
約95%の世帯が家を失い
地区民750名のうちこどもを含め120名を超える方々が亡くなるという
甚大な被害を被りました。
今だ10名ほどの方が未だ行方不明だそうです。


薄磯④


薄磯 そして近隣の豊間や四倉には
震災直後から全国からボランティアが訪れ
地元の方々と瓦礫の片付けや
残った家や工場の中の掃除などに取り組み
集落の中心部にはもうほとんど瓦礫はありません。


いわき6


しかし野ざらしになったままのコンクリートの土台やさびた鉄芯
そここにぼうぼうとはえた草の光景は
南三陸町と重なりました。

二年半経ったけれど
集落の再生の取り組みはまだ始まってはおらず
すべてがこれからのように感じました。


今回 短い滞在ではありますが
ぜひそんなお話も伺えたらと思いながら
会場の薄磯地区の集会所へ向かいました。


いわき薄磯⑧


会場では区長さん 副区長さんはじめ
20人近くのみなさんが待っていて下さいました。

ご挨拶のあとは
いつものように
体操や全員肩たたきでウオーミングアップ

いわきーあいー2

その後 全身マッサージや整体 ハンドマッサージ 

薄磯④

アロマ化粧水作り 紙芝居などでリラックスしていただきました。

いわき真由子さん_convert_20130919122348


私も足裏整体をさせていただきました。

薄磯①


最後は歌の時間。
リクエストをいただきながら みんなで歌いました。

「月がとっても青いから」や「お富さん」まで
みなさんの見事な歌声に聞き惚れながら私たちも楽しませていただきました。


マッサージをしていると ぽつりぽつり
震災後 ずっとよく眠れないだ
身体が冷えるようになったんだ
外に出なくなったと 話して下さいました。

仮設で暮らしていたり親族の家に世話になっていて
みんなに会いたくても自分で移動することができないんだ
今日は乗せてもらってきたんだよ
久しぶりにここでみんなに会えて楽しかった

こんなマッサージやリラクゼーションを受ける機会がなかったので
ほんとにありがたい
みんなで歌って楽しかった
そんな感想もいただきました。

帰りにはみなさんが手を握って感謝してくださり
私たちも大変ありがたく思いました。


夜は集落で一軒だけ残った民宿「鈴亀」さんに泊まり
夕食のあとご主人にお話を伺いました。


いわき薄磯③


翌朝
集会所のそばの薄磯復興本部に
区長さんや副区長さんにご挨拶にいきました。


福島で 
原発事故の他にこの薄磯地区のように
津波でこれほど大きな被害を受けた地区があることは
あまり報道されていません。


いわき集合3

左から 総務部長の大谷さん 副区長の鈴木さん 区長の鳥居さん


住宅建設の前に
住宅のプランや場所の決定や土地の手配が必要で
さらにその前に海沿いの防潮林や道路の整備が必要なのだそうでう。

薄磯ではやっと今年末か来年はじめに
それらの前提となる 家屋の土台の撤去が始まる予定なのだそうです。

町づくりについて
住民参加型の意見交換会やワークショップも
開いているそうです。

たとえ何十年先になったとしても
この美しい海辺に
帰ってきたい人々が戻り
安全に暮らせる集落を再生したいという
区長さんや副区長さんの言葉が胸に響きました。


いわき薄磯⑤


ところで薄磯では
無人の中学校の校舎の横や
わずかに残った人家のそばで
自生のはまなすがかわいらしい花をつけていました。

いわきはまなす

塩水をかぶった土で
こんなに花をつけてみせてくれてね
見るたびに励まされてね

鈴亀のご主人ががいとおしそうに話してくれました。

ボランティアかたたちが描いたあたたかい花と
自然が咲かせた 可憐でたくましい花
薄磯のそれぞれの花が心に残りました。


******************************


薄磯復興委員会では
フェイスブックページHPを立ち上げています。
どうぞこちらも訪ねてみて下さい。(HPはフェイスブックから入ることができます)


「薄磯復興協議会委員会」FBページ 
https://www.facebook.com/pages/薄磯復興協議委員会-福島県いわき市/439593336123779

震災直後からいわき市沿岸部の災害復興の歩みを写真で丁寧に綴る
「SEA WAVE FMいわき」の震災レポートのページ
http://www.fm-iwaki.co.jp/cgi-bin/WebObjects/1201dac04a1.woa/wa/read/12f4f719872/




2013-09-17 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「胎内記憶」〜 池川明先生 講演会

7/14は仙台市内で
産婦人科医 池川明先生の講演会
胎内記憶〜「あかちゃんはあなたを選んで生まれてくる」がありました。


池川先生1


たくさんの赤ちゃんに接してきた池川先生が 
話ができるようになったこどもたちからきいたのは
びっくりするような話。

それは おおせいのこどもたちが
生まれる前にお母さんやお父さんを見
親や環境を選んで生まれてきているということ。


「このお母さんのそばにいたいと思ったから」
「悲しそうだったから」
「お手伝いがしたいと思ったから」

そんなふうにおかあさん おとうさんを選んでくるというのです。


こどもたちによれば
生まれる前にはみんな光の世界にいて

あるとき
(あるこどもは神様から言われて)
お母さんのおなかにはいって生まれてくるそうです。


肉体と感情を持って人生を生きるというのは
すべての魂にとってのあこがれで

それぞれの人生の目的に
いちばんぴったりの
いちばん心惹かれたお母さんやお父さんを選んで
生まれてくる。


この世に生まれ落ちるというのは
喜びや悲しみやおいしいやおいしくないを実際に体験できる
それだけでわくわくする想像もできない機会。


障害を持って生まれることも
例えば流産という短い人生も

それぞれに意味があって
本人と周囲の気づきと体験のために
本人が選択してくるというのです。


いろいろなご意見があるかもしれませんが
出産を控えたお母さんや 子育て中のパパママには
こどもが自分を選んできてくれたと思うことで
大きな励ましになる気がしました。


こどもとの関係という意味ばかりでなく
私のように
長いあいだ親との関係に悩んできた人間にとっては
「人は自分で親を選んで生まれてくる」という視点に
「自分の人生の責任者は、実は自分」ということを教えられた気がしました。


そういえば
実験によると お母さんのおなかの中には
外界の物音がほとんどくっきり聞こえているそうです。

毎日「かわいいね〜、待ってるよ〜」とお父さんが声がけしていたお宅では
生まれた時から赤ちゃんがおだやかで
特にお父さんが声をかけると満面の笑みを浮かべるそうです。

おかあさんもゆったり幸せに過ごし
おなかのあかちゃんとともに
幸せに出産の日を待つことができる環境こそ
赤ちゃんの人生への最高の贈り物ですね!


この日は 先生の講演前に
クリスタルボウルを演奏させていただきました。
先生とお集りのみなさんに聴いていただけて光栄でした。


池川先生
主催のちーむきせきの庄子さんはじめスタッフのみなさん
東京事務局の山内さん


池川先生2



すてきな機会をありがとうございました^^



***********************


ところで。

子どもたちによると、人があの世に帰った時
えんま様は二つの質問をするそうです。


①陰徳を積んだか(人の役に立つことをしたか)?

②人生を楽しんだか?


・・・えんま様の前に立つ前に

両方はいと言えるように
残りの人生を生きたいなあと思った講演会でした。




2013-07-19 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

気仙沼「ケア提供者のためのセミナー」

6/1は 飛騨千光寺の大下大圓住職にお声がけをいただき
気仙沼市で開かれた
日本災害看護学会主催「ケア提供者のためのセミナー」に
クリスタルボウルと参加してきました。

大下さんは12歳で出家、高野山で密教修行をした大阿闍梨です。
高野山大学卒業後スリランカの仏教大学に留学し得度
仏教瞑想を習得されました。

帰国後は 円空仏でも有名な自らの寺 飛騨 千光寺を拠点に
いのちのボランティアネットワークを展開し

カウンセリングや臨床活動
飛騨高山を中心とした福祉のまちづくりの発信やホスピス活動

京都大学大学院等では
未来の医師 医療技術者に向けて「スピリチュアル・ケア」の講義と
幅広く行動する仏教者でもあります。


おおしたさん 円空

大下さんの書とこの日おみやげにいただいた千光寺のキーホルダー


セミナーは
1995年の阪神・淡路大震災を機に設立された「日本災害看護学会」の主催で
東日本大震災の直後から
地元で周囲のみなさんのケアにあたってこられた
保健師、看護師、医療関係者の方々に向けて開かれたものでした。

セミナーは「災害とスピリチュアルケア」と題した講演と
ワークショップ 瞑想実習
最後は声明もありました。


大下さんは
震災直後から東北の被災地を訪れ
さまざまな支援を続けておられるそうですが
今回は特に対人援助職の方々に向けて組み立てられた内容でした。


印象に残ったのは
「対人援助職」というのは「感情労働」だといういう定義です。

保健師さんも看護師さんも お医者さんも
障害や疾病を有する相手の共感者となることが求められ
不安や恐れ等の負の感情への共感が求められることも多い仕事である

そのような職種を志す人の中には
使命感や責任感の強い人も多く
自分で自分を追い込んでしまうこともある

なるほどと思いました。

ほかにも
臨床心理士さんやカウンセラー
学校の先生方や保育士さんなど
心理や教育に携わる方
また介護士さんやヘルパーさんなど
福祉に携わる方々も
対人援助職の部分があることでしょう。


震災という想像を超えた体験

自分自身も被災者でありながら
周囲の人々のケアにあたり
何の手がかりもない中
刻々と移り変わる状況に
対応し決断し行動しなければならなかったこの3年間

ワークショップでシェアされたお話を聴きながら
迷いながらもその時々できることをして
休みも取らず必死にここまでやってきたという
みなさんのストレスの大きさを改めて感じました。


大下さんは講演の中で
自灯明・法灯明』『自利利他』という言葉を紹介して下さいました。

これらはお釈迦さま
すなわち仏陀の言葉で

『自灯明・法灯明』というのは
自分の中に灯火がある 答えがある
あなたのなかに大きな力が隠されている
という意味なのだそうです。

そして『自利利他』

仏教では ひとのために役立つことをしなさい
そのことによって自分も生かされると言われますが

大下さんの『自利利他』は

まず自分のために生きなさい
まず自分を大切にしなさい

自分を大切にすることで はじめてひとも大切にできますという順番なのです。

なるほど
ほんとうにそうだなと思いました。
自分が燃え尽きてしまっては
人を支えることも 人に与えることもできません。
まずすべての土台としての自分を大事にすること
それが始まりだと思います。


このあと
ストレスを溜めないためのセルフケアの方法の紹介や瞑想の実習
語り合いのお茶っこワークなどがあり
とても勉強になりました。

開会時と瞑想時 そして声明の時に
クリスタルボウルを奏でさせていただきましたが
参加者のみなさんから感謝の言葉や感想をいただき
私のほうが感謝でいっぱいでした。


ご希望のみなさんに
『ありがとうヒーリング』のCDもお渡ししてきましたよ!!
お家で 集会所で 活用していただけたら嬉しいです。

いつも応援して下さっている全国のみなさまに
こんなご報告ができることも嬉しいです。

大下さん
日本災害看護学会のみなさん

ありがとうございました^^

2013-06-02 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

葉山演奏会

葉山は
池田邸というすてきな古民家で演奏させていただいて以来、3年ぶりでした。

今回はギャラリー『MARIAはうす』のオープンハウスイベントに
呼んでいただきました。


葉山 オープニング


きれいなお花が届いていました。


葉山 オープニング3


森戸海岸そばに昨年完成したギャラリーは
天然木の香りが漂って
素足がいい気持ち


葉山 オープニング2


オーナーのMARAIAはるなさんの絵と絵本
お友達の早苗さんの地球への愛をテーマにしたお菓子


葉山 よっちゃん


よっちゃんの銀細工

そしてたくさんのお花たちであふれる
ふんわり優しい空間でした。


夕方からの演奏会は
前半にはるなさんの歌や絵本の朗読があり
私もちょっとギターで参加しました。


葉山 はるなさんと


後半はクリスタルボウルの時間
白木の床に寝そべって
ゆったりクリスタルボウルの演奏を楽しんでいただきました。


葉山 みんなで

残ってくださったみなさんと


初日にきてくださった
お友達の眞美さんが
ブログにこの日の演奏会のことを書いて下さいました^^

http://plaza.rakuten.co.jp/esalenwaiola/diary/201305110000/

眞美さん
ありがとう♡


二日目は朝から夏のようなすばらしい青空が広がり
午前中 森戸神社までお散歩

神社の裏手の小山に昇って
緑のむんとする匂いと海の匂いを吸い込みながら
ビャクシンの古木を眺め
千貫松ごしの江ノ島を眺めました。

葉山 びゃくしん

葉山 森戸神社1

葉山 森戸神社2

樹木や植物が大好きな私
やっぱり木に惹かれます・・・^^;


二日目の演奏会には
学生時代の友人たちが都内からわざわざ演奏を聴きに来てくれました。
ちょっと照れくさく 嬉しい再会に
感謝でいっぱいでした。


葉山 二日目を終えて



二日間の演奏会も無事終わり
早苗さんに♡の地球のクッキーをお土産にいただいて
MARAIAハウスをあとにしました。

はるなさん 早苗さん よっちゃん 綾ちゃん
これからますますすてきな出逢いと発信の場になっていきそうですね♪
ありがとうございました^^



さて せっかく葉山まできたからにはと
帰りは逗子の眞美さんの「Wai Ola 」
エサレンマッサージを受けさせていただきました。

海の気配を感じるwai ola

昔 エサレンの海辺で
波の音をききながら受けたマッサージを思い出しました。

wai ola まみさん

眞美さんと一緒


おいでいただいたみなさま
ありがとうございました。

懐かしい友だちにも会い
新緑と海風を楽しんだ5月の葉山の旅でした。



****************************

<<お知らせ>>

*明日 5/16(水)は ufuカフェさん(仙台市青葉区花京院)で 
『フィンドホーンの旅のお話会&演奏会』です。

お話会は16:30〜17:30 演奏会は18:30〜20:00
あと数名 受付可能だそうです^^

お申込・お問合せ ufuカフェさん
お問合せ 022-211-8813 /e-mail : info@lialo.net
http://ufuken.blog.fc2.com/blog-entry-49.html


*5/31(金)の杜ノ遊庭さんでの『お昼寝演奏会』は
おかげさまで満員御礼となりました。
以後、キャンセル待ちとなります。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。


*蔵王「ゆと森倶楽部」での『新緑のリトリート』は
5/18(土)のお申し込みまでが早割です。
気になっている方はぜひご検討下さい。




2013-05-16 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

3/26「びじゅつのびはびっくりのび」

今年のお誕生日の3/26

「ボーダレスアートクラブBAC仙台」主催の
『びじゅつのびはびっくりのび』オープニングコンサートで
演奏させていただきました♡


びじゅつ1


「ボーダレスアート」は
障がいを持った方々が
湧き上がる衝動のままに自由に表現した
絵画や造型の作品の呼称です。


今回の作品展は
お隣り岩手県で開かれた『アール・ブリュット・岩手』の作品群と
宮城県内の作業所に通うみなさんの作品が
展示されていました。
※「アール・ブリュッ」トは「生の芸術」という意味のフランス語です。


びじゅつ3 びじゅつ4 びじゅつ5


作品たちときたら
なんとも強烈で楽しく
そして愉快で美しいんです。

びじゅつ3


徹底的に自分の世界を追求した作品たちに囲まれて
私もエネルギーがいつも以上に湧きあがってくるのを感じながら
即興の歌も交えて
楽しく演奏させていただきました。

この日は
仙台在住の舞踏家 小山朱鷺子先生が来て下さっていて
私と客席からのラブコールに応えて
一緒に踊って下さいました。

会場から 知り合いのノブさんも舞踏で入って下さって
お二人の舞いと
踊りだしそうな作品たちと
会場でも踊っていたり歌っているお客様たちと
それは幸せな演奏会でした。

びじゅつ4


私にとっても
すてきな誕生日になりました♡
みなさん ありがとう!!


そして 機会があったらぜひ
アール・ブリュット  ボーダレスアート展
観に行ってみて下さいね!!

2013-03-31 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

泉こころのクリニック

今日から3月
今日は多くの高校で卒業式でした。

卒業を機に
17年 あるいは18年
養ってもらった親元と故郷を離れて
新しい土地へ旅立つ若者もいるのでしょうね

3月は 転勤や異動の季節でもあり
大人にとっても別れの時
同時に新しい始まりの時ですね。

そんな3月の始まりの日
来週3/4(月)にオープンする
すてきなクリニックに行ってまいりました。


その名も『泉こころのクリニック』!!



こころクリニック



泉中央駅から徒歩数分。
1Fにdocomoの入った新しいビルの3Fがクリニックです。


こころクリニック5

受付の向かいには自由にいただける紅茶やコーヒー お水
そして 希望の象徴 オリーブの木


院長の髙橋 玄先生は
精神保健指定医でもあります。
笑顔のおだやかな、とっても優しい雰囲気の先生です。

この「泉こころのクリニック」のコンセプトは
西洋医学 東洋医学(漢方)代替医学の3つから
患者さん自身が治療法を選択できる「オーダーメイド医療」の提供です。

患者さんの意思を尊重した心のケアを
何より大切にしていきたいとのこと。

内科 精神科も併設されているので
西洋医学をベースとした一般的な治療はもちろんですが
患者さんが希望すれば
漢方や代替医学(フラワーエッセンスやアロマテラピー)などのお話も聞くことができます。


こころクリニック4


見学させていただいたクリニックは南向きで眺めがよく
優しい色遣いの、サロンのような内装、機能と色彩の両面から患者さんのやすらぎを考えたインテリア
セルフサービスのお水や飲み物 独立型の待合室の椅子 心を和ませる映像やDVD
フラワーエッセンスやアロマテラピー 漢方のコンサルテーションルームと
心療内科や精神科のイメージを一新するようないごこちのよい空間でした。

また患者さんが心に負担なく来院し受診できるように
呼名の方法や出入り口 椅子の形状などさまざまな工夫がなされていました。


こころクリニック6



今回は来週のオープンを控え
心地良いエネルギーの中で患者さんを迎えられるように
ぜひクリニックで演奏をと御依頼をいただきました。

先生はじめ看護師さん 
準備に入っていた業者の方 スタッフの方
みなさんで聴いて下さいました。



こころクリニック2


これまでも個人のお宅のお引っ越しや
ご法事 ご祝言などに御呼びいただいてきましたが
こんなクリニックのプレオープンにお招きいただいて
以前思っていた夢が現実になる時代がやってきたんだなあと
なんだか感無量でした。

仙台では震災後 朴澤孝治先生が 奥様と一緒に
耳鼻科と「統合医療センター」をオープンされ
西洋医学だけでなく ヨガや漢方 お灸やホメオパシーなども提案しつつ
ホリスティックな医療の試みを始めています。

この春
またひとつ 仙台市にこのようなクリニックが誕生することは
嬉しいことだと思います。


本人の意思を尊重する医療
西洋 東洋 その他 さまざまなアプローチの中から
もっとも本人の治癒と回復の力になると思われるものを
患者さんを主体にし ともに考えていく医療

そんなクリニックの姿勢が嬉しく
依頼をいただいたことを光栄に思いました。


おだやかな先生と笑顔のすてきな看護師さんたちのつくる
ほっとする空間

こころが疲れたひとが気軽に受診し
安心して心の重荷をおろしていけるような場所

このクリニックはそんな場所になりそうな気がしました。

「泉こころのクリニック」
 お問い合わせは  022-374-1156 です。

2013-03-01 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

七ヶ浜ボランティア

2月は久しぶりに地元仙台や実家でゆっくり過ごしました。

2/17は
七ヶ浜のボランティアセンターで
「国際ヒーリング看護協会(IHAN)」のみなさんと一緒に活動しました。

七ヶ浜4


IHANは、千葉に本拠を置く看護師さんたちのNPOです。
震災からずっとこの宮城の七ヶ浜町に来て
健康体操やアロママッサージ、レイキヒーリングなどを提供してくれています。

避難所から仮設住宅へ 
そして一部の方はまた別の住まいへ

被災された方々の生活も変わり
活動場所もそのたび転々と変わりましたが
もうすっかりなじみになっている方々が
毎回 必ず顔を見せにきてくれます。


今回は
IHANの中さんや新田さんの健康体操やアロマグッズづくりに加え
東京や神奈川からエネルギーワークの鹿子先生 気功の小田切先生
地元からレイキの小澤さんや腱引きの内海先生が参加されていて
一段とにぎやかでした。


私は先生方の施術の後半から
クリスタルボウルで会場全体に音響ヒーリングをさせていただきました。

七ヶ浜2


ボランティアセンターは町の生涯学習センターの中に置かれていて
夕方になるとボランティアの方々が次々に戻ってきました。

何人かの方が いい音だね〜何の音〜?と覗きにきて
そのうちみんなに混じって横になり 眠ってしまいました。

すうすう寝息を立てているボランティアさんをみていると
なんだかちょっと嬉しくて

クリスタルボウルよ
みなさんを深い眠りで包んでおくれ
そして今日の疲れを取り去っておくれ

クリスタルボウルたちに
そんな言葉をかけたい気持ちになりました。

( クリスタルボウルたちは
  いつもそうしてくれてるんですけどね・・・^^;)


演奏が終わってしばらくすると 
目覚めたみなさんが口々に
あ〜よく寝た〜
あ〜すっきりした〜!!


私もすっきり!!
よい時間をすごさせていただいた日曜日でした。


七ヶ浜6


これは高台にある生涯学習センターから降りてくる途中
海の方向の眺めです。

草も木も何にもない大地に土の山だけが見えます。
これはふるいにかけた土を土盛りしたものだそうです。

津波をかぶった土地は
金属片やら何やらが混じっていて
何度もふるいにかけて土に帰らないものを取り除かないと
畑にも田んぼにも宅地にもできないそうです。


そういえば昨年12月に
県南の山元町に出かけた時にも
津波をかぶった海寄りの土地に同じような盛土が点在していました。


復興というのは 
除塩以前にこういうことから
順々にやっていかなければならないのですね。


七ヶ浜7


被害のあとを丁寧に片付け
再び人が住める土地 耕作できる土地に戻すこと
そこから始めなければならないんですね。


この、土をふるうところまでくるのに二年です

ここから先の
道のりの長さを思うと気が遠くなる気もします。

でも 同時に
あの惨状の後
自分たちの暮らしを立て直しながら
ここまで丹念に瓦礫を片付け
土を選り分けてきた人間の力のすばらしさにも
あらためて心を打たれました。

人間って 力を合わせると
とてつもないことをなしとげてしまえるものですね

だからこそ その力を何に向けるかが大事なんだ

そんなことを思いながら帰ってきました。


2013-02-28 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

社会福祉協議会*泉崎『いきいきサロン』演奏会

先日 仙台市内 長町モールに近い
泉崎町内会の『いきいきサロン』におじゃました。

泉崎2

会場は泉崎集会所

と同じくらいから
母より少し上ぐらいの方まで
大勢の方がお集りでした。

8対2で女性の方が多かったのですが
みなさんきれいにお化粧し
さりげない中にもちょっと改まった感じのお召し物

外に出て人に会うって
気持ちにも生活にもメリハリがでますよね

開会を待つ間も
あちらこちらでサークルや行事の相談 互いの近況等が飛び交って
日頃からいろいろな活動が行われているんだなあと感じました。

今回の演奏会は
昨年 福島県の安積女子高校の仙台同窓会で
演奏させていただいたことがきっかけで

ほんとうに どこでどなたに出逢うのか
自分で計画しようとしても普通ならあり得ないつながりでした。

人生ってほんとうにおもしろい!

出逢いってきっと「いただきもの」なんでしょうね。
感謝して十分に自分を表現し味わいたいです。


演奏が始まるとみなさん目を閉じてしーんと聴き入ってくださり
お一人お一人の間を音が通っていくのが見えるようでした。

うとうとされる方もいて
午前中の静かな光の中に
くつろぎが広がっていました。

演奏後は大勢の方がボウルの方にいらっしゃって質問の嵐でした

ボランティアで音楽活動をしておられる方や
音を通して不思議な体験をされている方などもおられ
お話を伺っていて楽しかったです。


泉崎1


お昼の会食会にも混ぜていただき
おいしいおにぎりとお漬け物を食べながら
震災の時 このあたりも水に浸ったこと
何日も家に缶詰だったこと
隣近所を確認して歩いたこと

震災後 前にも増して
みんなで集まる場所や機会をつくっていきたいと思うようになったことなど
伺いました。

行くところがなくて
一日中じっとひとりで家にいる
そんなひとをつくらないように
みんなで会える場所 一緒に何かする機会をつくりたい

そんな思いで積み重ねてきたことが
この参加者の数と
あちらこちらで花咲く談笑に現れているのかなと思いました。


「来月はひなまつりですね。
 それに先立って
 みんなで吊るし雛をつくって飾りつけをします。」

「だれかにお内裏様とおひな様、やってもらったらいいんでない?」
「うわ〜、楽しい。いいね〜!」
「お内裏様は◯◯さんがいいな〜!」
「ええ、私ですか?」
「おひな様は私がやってあげてもいいよ〜」
「えええ〜!!!」(みんな、ぷっ!)

何とも楽しいやりとりでした。

初クリスタルボウルも
眠ってしまいました、心地よかったですと感想をいただき
幅広い年代の方々に喜んでいただける
クリスタルボウルのすばらしさを改めて感じた出前演奏でした。

2013-02-23 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

みんなの寺

友人のお父さんの三回忌で
クリスタルボウルを演奏してきました。

会場は仙台市にある「みんなの寺」

若い住職さんと坊守さん(奥さん)が
いつでも誰でも気軽に足を運べる垣根のない身近なお寺を目指して
開山されたそうです。


みんなの寺


入り口には坊守さんが出されたばかりの新刊
『ブッダの娘たちへ〜幸せを呼びさます「気づき」の仏教』という本が並べてありました。


友人には
お父さんのお葬式 一周忌と 
声をかけてもらい
そのたびに友人家族と一緒に
ご住職のお話を伺っています。


出逢いって
ほんとうにいろいろなところからやってくるものですね。


今年もお父さんのお位牌の前に
みんなで一緒に座らせていただけるのを
なんだか嬉しく思いました。



2013-01-08 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山元町「カフェ地球村」&「りんごラジオ」さんを訪ねて

2012年最後の出前演奏は
宮城県の南端、山元町に伺いました。

めざすは「工房地球村」の敷地に今年11月にオープンしたばかりの
「カフェ地球村」です。


地球村レッツゴー


この日はちょうど12/25のクリスマス
鈴を振って?Let's go!


地球村1


カフェの入り口にはこんなかわいい看板が!


地球村店内


先月オープンしたばかりということで
店内にはお祝いのお花がいっぱいでした。


地球村グッズ


店内には大人気のホームメイドクッキーや
地元名産のりんごをつかったアップルパイ
同じく名産のいちごモチーフのてぬぐいやエコタワシなど
おいしそうでかわいい商品が並んでいます。


地球村2


珈琲は本格焙煎ネルドリップ。
ジェントルマンのスタッフのみなさんが
ちょっとはにかみながらサービスしてくれます。
お二人ともとってもおちゃめで気配り上手。


地球村カフェ


演奏会は
おかげさまでカフェがいっぱいになるお客様で
みなさんが歌と演奏を楽しんでくださいました。

ちょっと時間差でしたが
役場の方や
近くの特別支援学校の先生方も来てくださいました^^
ありがとうございます!


ところで
奥の窓からのぞいていたサンタさん
気づかれましたか


地球村おじぞうさま


サンタさんのお洋服を来ていますが
実は胸に一人の赤ちゃんを抱き
足下にすがってくる2人の子どもたちを
救い上げてくださっているお地蔵様なんだそうです。


工房が施設を建てる用地を探していた時
ここにあった高齢者施設のみなさんが
海岸の方に移転するというので
この場所を譲ってくださったそうです。


しかし昨年3月11日の東日本大震災で
海沿いのお年寄りの施設は壊滅し
多くの方がいのちを落としてしまわれたそうです。


お年寄りの施設があった時からこの土地に建っていたお地蔵様は
この場所を譲って下さったお年寄りのみなさんの姿です。
ご冥福を祈り感謝の気持ちで
この場所を山元町の人々が集う場所にしていきたいです。

そんな施設長の田口さんのお話をきいて

この陽当たりのいいカフェは
きっとそんなつどいの場になる
そう思った私でした。


そして
帰りに嬉しい贈り物をいただきました・・・!


地球村似顔絵

私の似顔絵!

スタッフでアーティストの三春さんが描いてくれました。
嬉しかったです。


地球村記念写真

記念写真^^
三春さん ありがとうございます!


このあと工房の方にも移動して
ホールでもクリスマス演奏会


その後は
昨年の震災時に地元の方が立ち上げ
現在もなお24時間町民に地元の情報や音楽を発信し続けている
FM「りんごラジオ」さんのスタジオにおじゃましました。


リンゴラジオ


かわいい看板が目印
クリスタルボウルのお話をし
リクエストをいただいてちょっと演奏させていただきました。

電波を通してのクリスタルボウルの響きは
いかがだったでしょう^^


地球村ーリンゴラジオ


放送を終えて
スタッフのみなさん 
そして リンゴラジオさんに連れていってくださった
山元民話の会のまりちゃん先生とパチリ。



県南沿岸部の岩沼、名取、亘理町、山元町。
東部道路と6号線の東側(海側)は、まだ津波の爪痕がそのままです。

がれきや車等は片付けられたものの
何もなくなってしまった土地には赤茶色の草がはえ
海の方向に視線を移すと
目を遮るもののない荒野の向こうに
潮焼けした数本の松が立っているのだけが見えます。

幹線道路の近くは
あちらこちらに土盛りがされ
大型トラックがひっきりなしに往復し
(除塩のための盛り土と聞きました)ていますが
まだ鉄道も復旧せず
すべてはこれからです。

名産のいちごやりんご
はらこめしやほっきめしなど
山の幸海の幸で知られてきた山元町。

そんな町に生まれた新しい希望のようなカフェを
今年の最後にお訪ねできて幸せでした。

みなさん
お近くいおいでの際は
ぜひ立ち寄ってみて下さいね^^

このレポート もっと早く書く予定が
昨日まで三日ばかり
久しぶりに体調不良でダウンしていた私です^^;

今年のうちに
復活できてよかった・・・。

今年は寒いです・・・
みなさんもおからだ大切になさってくださいね〜^ー^

2012-12-30 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『響き合う癒しの夕べ』〜いわき市を訪ねて

いわきで治療院を開いておられる新田先生と
「ありがとうヒーリング」を企画制作して下さった
国際ヒーリング看護協会(IHAN)さんにお声がけをいただき
福島県いわき市を訪ねました。

12/15は『響き合う癒しの夕べ』
心療内科医の土井麻里先生の講演に続いて演奏させていただきました。

いわき市 ラトブ麻里さん


麻里先生は「体と心を癒すタッチケアと祈り」というテーマで
からだ・心・魂という三つの側面へのタッチについてお話してくださいました。

心地よい「からだへのタッチ(触れ方)」によって
早産の赤ちゃんの体重が増えたり
免疫力が向上したりが見られること。

「心へのタッチ」は 相手をあるがままに受けとめ 相手の心に寄り添うこと。
そして「魂へのタッチ」は「祈り」・・・。

お話の間に タッチケアの実習があって
私も近くの方とペアになって体験しました。

あたたかい言葉をかけてもらいながら
優しくていねいに触れてもらうと
大人の私でも(大人だからこそ余計に?)じ〜んと何かがあふれてきました。

生きているひとって あたたかいんだなあ
そのあたたかさが こころまでぬくめてくれるんだなあ

相手の方の手のひらを背中に感じながら
そんなことを思っていました。

アーツミーツケア3


そしていよいよ演奏会
ほとんどの方がクリスタルボウルは初めてのご様子でしたが
とても興味を持って味わってくださっているのがわかりました。

母音の歌など歌っていたら
あっという間に一時間たってしまいました。

アンケートもたくさんの方が書いて下さって感激でした。

宇宙を感じました 
来た時にあった頭痛がいつのまにか消えてしまいました
からだがすっかり軽くなりました
すっかり眠ってしまいました
こころが静かになりました
今まで聴いたことのない美しい音でした
頭の中が気持ちよくマッサージされるようでした
おなかにじんじん響いて気持ちがよかったです
いい時間を過ごさせていただきました・・・

わあ
伺ってよかった〜
こちらこそ感謝でいっぱいでした。


中心になって準備を進めてくださった新田先生
IHANのみなさん
ボランティアスタッフのみなさん
いわきのみなさんとの出逢いを
ありがとうございました^^

2012-12-18 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「おかあさんのためのクリスタルボウル演奏会」

今日は仙台市の八本松児童館で
若いおかあさんのための演奏会に行ってまいりました。



はっちぽっち 決まり^^



去年に続いての開催なので
懐かしいお顔と再会し思わず話が弾んでしまいました。


お子さんが小さいうちは
おかあさんは子どもから片時も目を離せず
ゆっくりする時間などとれないものですよね。

おかあさんもたまにひとりになって
静けさに包まれる時間を味わえたらなあということで

こちらでは
演奏会を二部制にして
おかあさんたちが交互に託児をし
お互いに安心してくつろげる時間を提供されています。
(なるほど〜^^仲間がいるといろいろな工夫ができるのですね!)


八本松3



初めての方もいらっしゃるので
最初は座って音を聴いていただき
後半 ゆったり横になっていただきました。


八本松1



演奏が始まってほどなく
眠りに落ちた方もいらっしゃったようです。

ちょうど
職場体験実習中の中学生の生徒たちも
託児に入ってくれ
子どもたちのいい遊び相手になってくれていました。

おかあさんたちは
後追いもせず遊んでいる子どもたちにほっとした様子で
会場に戻り
小一時間 クリスタルボウルの響きの中で
くつろいでくださったようでした。


みなさまから
いただいた感想です。


・からだに染み渡るクリスタルボウルの演奏に癒されました。また演奏を聴きたいです。

・とてもリラックスしました。音が頭の中でふわ〜っとまわっていくような感じでした。

・音の響きに癒された時間でした。気がつくと深い眠りに落ちていて、風鈴の音に呼ばれるように目覚めました。

・大笑いしたくなったり、ストレッチしたくなったり、起る体験が不思議でした。
 ゆっくりしたなんていつ以来でしょう・・・。ありがとうございました。先生の声もすてきでした。

・とても貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。水面に輪が広がるようなイメージが浮かび、次第に手のひらが温かくなりました。左右の耳の聴こえ方が違ったり、あくびが出てきたりと不思議でした。

・久しぶりに静かな時間を過ごせたように思います。ありがとうございました。

・とてもよかったです。久しぶりにゆっくりできました。

・初めてクリスタルボウルの音を聴きました。最初は思ったより大きな音に感じましたが、だんだんからだになじんできて不思議なほどリラックスできました。

・心が静かになって、おだやかな気持ちになりました。機会があればまた聴きたいと思いました。

・初めて参加させていただいて、とてもおだやかな気持ちになりました。ゆらぐ音を聴いているうちにいつのまにか眠っていて、目が覚めたらスッキリしていました。

・初めてクリスタルボウルを体験しました。ブワーンと広がる音にからだが包まれる感じで癒されました。

 30〜40分寝転がって聴いた後は、よく寝た後のように心身がすっきりし、気持ちもおだやかになりました。
クリスタルボウルのパワーにびっくりしました。

・とてもリラックスできました。このような世界があることを初めて知りました。また体験したいです。

・横になりながらの体験はとてもよかったです。

・何とも気持ちがよかったです。からだがとても楽になりました。ありがとうございました。



こどもたちがなじんで遊んでいられて
何かあったらすぐかけつけられる距離で子どもをみてもらえる
これはおかあさんたちにとって大事な条件なんだなと思いました。


八本松2


それにしても児童館が
こどものための場所としてだけでなく
こんなふうに
子育て中のおかあさんおとうさんの
くつろぎや交流の場所として活用されているって
すてきですね。


私も
会の終了後 くつろいだ表情のおかあさんたちや
満足そうに戻ってきたこどもたちを眺めながら
ほんわかした気持ちになった一日でした。


2012-11-16 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エフナーレ終了!!

10/6「エフナーレ〜みんなのアート展」での最後の演奏会
無事に終了いたしました^^

この日の仙台は「みちのくYOSAKOI祭り」で大にぎわい。
いつもよりだいぶ時間がかかりましたが、何とか到着できました。

仙台はほんとにお祭り(フェスティバル)が多いんです。

音楽関係だけでも
6月の「とっておきの音楽祭」
9月の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」
   「仙台クラシックフェスティバル」

今や国内のみならず 
海外にまでその名が知られるようになったこれらのフェスティバルですが
それがみんな一般市民の手で企画運営されているのです。
すごいですよね。

私は募金をするぐらいで
いつも恩恵にあずかりっぱなしですが
仙台に住んでいることを幸せに思います。

おっと
エフナーレ

最終日も
たくさんのお客さんが立ち寄って下さいました。

藤崎 おわってほっ1


また聴きにきましたよ〜と二度目のお客さま
フェイスブックで見ましたよ〜と来て下さったお客様
出展中の作家さんもやってきて後ろで手をふってくださったりで
最終日はまた特別の嬉しさがありました。


雑誌りらくの編集長様
藤崎百貨店の佐藤さん、水野さん、佐々木さんほかスタッフのみなさま
そしてもちろん
聴きにきて下さったみなみなさま
ありがとうございました!!

またお目にかかりましょう〜♪

藤崎 おわってほっ2

「なんとか四日間を終わりましたね・・・ほっ」


*お知らせ*
10/15(月)仙台市の戦災復興記念館和室にて18:30より10月の『新月瞑想会』です^^

2012-10-10 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

8/9 音楽療法と芸術療法のワークショップ in TOL

8月9日 統合医療センターTree of Life  にて
「音とアートのワークショップ」を開催させていただきます。

http://hozawa.jp/tree-of-life/news/2012/07/post-38.html

ザフィアワーク

あわただしい日常の中
私たちは自分の心の声を聴くことを
忘れがちです。
 
古今東西の聖者や修行者は
内なる叡智とつながるために
座禅や瞑想をおこなってきました。

音を聴くことには、
瞑想と通じるものがあります。

美しい音はそれに耳を傾けるだけで
私たちの心を鎮め
内なる調和と平安を思い出させてくれます。


ザフィア


今回のワークショップでは
音による瞑想をテーマに

フランスで作られたこのうえなく美しい響きを持つチャイム
『Zaphir』の響きでたっぷりと心身を調整し
色鉛筆やクレヨンの色で遊びながら
心の声に耳をかたむけていきます。

眠れる預言者と言われるエドガー・ケイシーは
「サウンドや音楽、色は、心のバランスを崩している人や、
肉体に不調を訴える人、心身に病を負っている人たちの周囲に
正しい波動を作りだすことに大いに関係する。」
と述べています。(『HIDDEN LAWS OF THE EARTH』)

大人のための音とアートによるセルフケアの時間に
ぜひお出かけ下さい。

日頃聴こえなかった あなたの内側からのメッセージが
聴こえてくるかもしれません。


8/9『音とアートのワークショップ』

ファシリテーター  遠藤 園子 
 (クリスタルボウル演奏家 ホリスティックセラピスト)

日 時  2012年8月9日(木) 18:30〜20:30
会 場  統合医療センター Tree of life
定 員  10名
参加費  3,500円
お申込先 『統合医療センターTree of Life』
 ℡: 022-397-8337
 e-mail : info-tree_of_life☆hozawa.jp (☆を@にかえて送信して下さい)

***みなさまのお申し込みをお待ちしております***

2012-07-25 : 出前活動 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

What's New !!

*これからの予定

6/3(土)ホリスティック医学協会講演会『見えないものを診る力』

6/11(日)ホリスティックヘルス塾基礎講座

6/15(木)6月の奏でる会

6/24(土)サビアン・アートWS

6/25(日)OTAFUKU*お昼寝演奏会

7/5(水)ナースアウト2017泉会場

7/6(木)7月の奏でる会

7/8(土)石巻・多文化フェスタ

7/9(日)石巻・フィンドホーンのダンスとクリスタルボウル

7/13(木)7月の奏でる会

7/15(土)石巻・いのちの田んぼでクリスタルボウル田の草取り

7/23(日)ホリスティックヘルス塾・基礎講座

その他の演奏講座、トランスフォーメーションゲーム 個人セッションの日程は本文をご覧下さい。

出張演奏会、出張セッションも随時承っております

最新記事

FC2カウンター

プロフィール

遠藤 園子

Author:遠藤 園子
クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

宮城県での教師生活を経て、2007年より演奏活動を開始。地元仙台をはじめ山形、福島、東京ほか関東各県、三重、岐阜、京都、奈良、大阪でなどでも演奏会を開く。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、リラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを知り、ますますその魅力を感じている。

現在は演奏会活動のほか、地域や職場の健康福祉講座、子育て支援事業、介護講座、統合医療関係のワークショップ講師としても活動。個人宅にも出前演奏にでかけている。

「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」として
クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、アロマテラピー、表現アートセラピーなどの心身のくつろぎと自己発見のための個人・グループセッションや、演奏講座なども提供しています。


忙しい毎日に疲れた時 寂しい時 悲しい時 ほっとしたい時 
あなたをやさしく包んでくれるクリスタルボウルの響き
静けさを思い出すそんな響きをお届けできたらと思います

◇クリスタルボウル演奏および個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールフォームまたは 090-2973-1790 から お申込み下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード